みなさん。

たいへんご無沙汰していました。6.19県民大会の様子を写真でお届けします。

名称は「元海兵隊員による残虐な蛮行を糾弾!被害者を追悼し海兵隊の撤退を求める県民大会」。当初の目標は5万人でしたが、参加者は主催者発表によると6万5千人でした。会場となった奥武山陸上競技場のトラックの内側の芝生部分だけでなく、トラックの外側の木陰を中心に人々が密集しました。何年か前の読谷の10万人集会に劣らない迫力でした。沖縄の人々の悲しみ、怒りの意思表示はとどめようなくあふれ出しています。

自民・公明・維新は参加しませんでした。そして自分たちが参加しなかったから、超党派でなく一部の勢力による集会だと理屈をこね、県民大会の意義を低めようとしています。彼らは沖縄の太く大きな民意の黒潮のような流れから脱落したのです。たとえ現在いくつかの議席を県議会に占めていたとしても、今後の県民の自立に向けた歩みの妨害物にしかならないでしょうし、県民の多数から振り向かれなくなるでしょう。


①2016.6.19 県民大会。集会開始は午後2時。正午過ぎからのぼりを持って集まりだしました。
20160619_01

②2016.6.19 県民大会。どこかの取材陣でしょう。初めから終わりまでクレーンの上で撮影していました。お疲れさま。
20160619_02

③2016.6.19 県民大会。梅雨もあけて真夏の太陽の光がさんさんと降り注ぐ中、じっと我慢です。追悼の意を表すため何か黒いものを身につけるよう事前に連絡がありました。黒のかりゆし、ズボン、帽子、それから黒い傘も目に付きました。
20160619_03

④2016.6.19 県民大会。集会は古謝美佐子さんの「童神~天の子守歌」のあと、黙祷。
20160619_04

⑤2016.6.19 県民大会。この頃には会場はぎっしりです。主催者を代表して、オール沖縄会議の4人の共同代表(稲嶺進名護市長、呉屋守将金秀グループ会長、高里鈴代基地・軍隊を許さない行動する女たちの会代表、シールズ琉球の玉城愛さん)が発言しました。
20160619_05

⑥2016.6.19 県民大会。トラックの外側の木陰に集まっている人々。
20160619_06

⑦2016.6.19 県民大会。トラックの外側の木陰に集まっている人々。
20160619_07

⑧県民大会。トラックの外側の木陰に集まっている人々。若者のメッセージはシールズ琉球の4人が行ないました。
20160619_08

⑨2016.6.19 県民大会。全員でプラカードを掲げてアピール。「海兵隊は撤退を」
20160619_09

⑩2016.6.19 県民大会。全員でプラカードを掲げてアピール。「怒りは限界を越えた」
20160619_10

⑪2016.6.19 県民大会。外側の木陰の人々も並んでアピール。
20160619_11

⑫2016.6.19 県民大会。年配の人々ともに、子供連れ、家族連れ、若いカップルが多く目に付きました。
20160619_12

⑬2016.6.19 県民大会。子どもや孫たちに平和で安全な沖縄を伝えたいとの思いなのでしょう。
20160619_13

⑭2016.6.19 県民大会。琉球新報、沖縄タイムスはさっそく号外を出し配ります。新報、タイムスとも3万部の号外を刷ったそうです。
20160619_14

⑮2016.6.19 県民大会。テレビ取材の中継車。東京のテレビ局もたくさんいました。取材のヘリコプターは合計5機、上空を飛んでいました。騒音が気になりました。
20160619_15

⑯2016.6.19 県民大会。各地から大型バスをチャーターして結集しました。集会が終わっても混雑してなかなか全員が戻ってきません。待機中です。
20160619_16

⑰2016.6.19 県民大会。私たちが乗ったしまぐるみ八重瀬の会のバス。定員54人満席でした。
20160619_17

なお、県民大会を報道した琉球新報を入手希望の方はご連絡ください。
沖縄の新聞はすごいですよ。一読の価値アリ。

O・Y