虹とモンスーン

アジア連帯講座のBLOG

玄海原発

【報告】止めよう!玄海再稼働 7.8九電前アクション!~もう限界原発は廃炉に!~

7月8日、佐賀県玄海町の玄海原発2・3号機を再稼働させようとする政府・九州電力の策動の強まりのなかでグループ「東電前アクション!」は急きょ有楽町駅前にある九州電力東京支社前で「止めよう!玄海再稼働 7.8九電前アクション!~もう限界原発は廃炉に!~」を行った。


 


玄海原発の再稼働をめぐって刻一刻と変わっていく情勢のなかで、佐賀・九州現地の再稼働阻止の闘いの盛り上がりのなかで、菅政権はとうとう「ストレステスト」の導入を唐突に打ち出すという形で、玄海原発の再稼働は当面延期されることになった。それにともなって、玄海の陰に隠れるように「再稼働二番乗り」を目論んでいた愛媛の伊方原発の再稼働も遠のくこととなった。

 

この再稼働の当面延期は、再稼働反対の大きな世論を背景にした反原発運動の浜岡停止に続く大きな勝利であることを確認するべきだろう。また、再稼働をゴリ押しする経産省のお手盛りの「住民説明会」における九州電力の「やらせメール」問題もまた、九電真部社長が「責任は免れない。原子力がアウトになるかもしれない」と語るような窮地に自らを追い込む格好となっている。

 

しかし、急きょ打ち出された「ストレステスト」もまた、玄海原発を優先的に行って、しかも「簡易テスト」で済ますという政府方針が11日に打ち出されている。政府・九電は、玄海再稼働とそれをテコにした、原子力政策の維持方針に変化があるわけではない。東電前アクション!は「玄海原発はテストでなく廃炉にしろ!」と主張して、当日の行動を貫徹した。

 

午後2時から、九電東京支店に「再稼働の断念と廃炉」「やらせメールの責任をとって九電経営陣の総退陣」を求める申し入れを行った。九電側は、当初から申し入れ団は三人、申し入れの最中は外でシュプレヒコールを挙げないことなどの一方的な条件を居丈高につけてきた。この時間は申し入れそのものが目的なので、その条件を呑んで申し入れに臨んだ東電前アクション!側が入室しても担当者二人は名刺も出さないという公的企業としてはありえない対応だった。

 

そして、抗議の申し入れ文を読み上げて渡すと、九電側は「やらせメールは世間の信頼を損ない申し訳なく思っている。しかし、原子力は地球温暖化対策に必要であり…」などとまくしたてて、やりとりをしようとしたら「これでお互いの言い分は言い合った」などとして、一方的に退席してしまった。これが電力会社の「原発反対派対策」のおなじみのやり方だ。かれらは「やらせメール」問題など1ミリも反省していないことを自ら露呈させた。

 

17時半から街頭アピールを予定していた行動であったが、この九電側のデタラメな対応の報告に怒った参加者は、横断幕を広げて早速アピールを開始した。マイクでのアピールとプラカードなどの「玄海原発」の文字にビラはどんどん掃けていく。自分からビラをもらいに来る人も少なくなく、なかには「佐賀出身のものだけど…」あるいは「福島の者だけど…」などと声をかけてくる人もいた。

 

予定の17時半頃には続々と仲間が詰め掛け、最終的には120人を超す参加者となった。よくある「各団体からのアピール」というスタイルはとらずに、参加者でマイクを回しあって一人ひとりが思い思いに「再稼働反対」あるいは「もう原発はいらない」などの思いを語る。マイクアピールの合間合間に様々なリズムで声を出し、あるいは歌を歌い、さながら韓国の路上集会のような熱気に包まれる行動となった。最後には、「九電は佐賀を殺すな」「九州の子どもたちを殺すな」「玄海原発は限界・廃炉にしろ」と声をあげて、この日の行動を終えた。

 

「再稼働阻止闘争」の緒戦は勝利した。しかし、すぐに第2ラウンドはやって来るだろう。陣形を固め、拡大して次の闘いに臨もう。あらゆる原発の再稼働を阻止して来年夏の「実質脱原発状態」を勝ちとろう。

 

(F)

::::::::::::

(東電前アクションの申し入れ書)

 

                            2011年7月8日

九州電力株式会社
代表取締役会長 松尾新吾 様
代表取締役社長 眞部利応 様


                                                            東電前アクション!


              申し入れ書

 

 2011年3月11日の東日本大震災を引き金に起こった福島第一原子力発電所(以下、原発)の大事故発生以降、全国の点検で停止した原発はすべて再稼働することなく止められた状態が続いています。

 

 私たちは、福島第一原発の事故によって、どれだけ多くの人々の平和な日常の営みが破壊されてしまったか、そしてその事故が発生してから三か月経ったいまも収束・収拾される見通しすら立っていないこと、そして原子力安全委員会の「原発の安全指針」そのものが抜本から見直すとされている現状を考えれば、停止している原発が再稼働されないのは至極当然のことと考えています。

 

 しかし、貴社九州電力は、貴社が操業する玄海原発の停止している2号機、3号機の再稼働にあくまでこだわり、玄海町や佐賀県知事、そして政府に再稼働を容認するよう強く働きかけています。私たちは、貴社のそのような態度に抗議します。

 

 玄海原発は、井野博満東京大学名誉教授が指摘しているように、1号機では深刻な老朽化が進み、中性子がもたらす原子炉の劣化による原子炉爆発の危険性すら指摘されています。また、3号機では猛毒で事故も起きやすいと指摘されるプルサーマル燃料が使用されています。

 

 また、貴社は「玄海原発の安全性が確認された」などとしていますが、貴社および原子力安全・保安院が「対策」を施し、確認されたのは「津波対策」の一点であるように見受けられます。すでに報じられているように、福島第一原発では津波到達以前の地震の段階で原子炉と周辺機器が深刻な損傷を負っていたことがあきらかにされています。また、言うまでもなく「老朽化」の問題が数日の点検で解決するとは考えられません。そして、「安全指針」そのものが見直される現状で確認される「安全」に私たちは安心することなどできません。

 

 貴社は、玄海原発の宣伝パンフレットで、原発周辺の豊かな自然や歴史的遺跡を紹介していますが、原発が一度シビアアクシデントを起こしてしまえば、その豊かな自然も歴史的遺跡も一瞬にして破壊されてしまうことは、福島の現状を見ればあきらかなのではないでしょうか。

 

 そして、朝鮮半島に最も近い玄海原発の危険は、日本で生活する人々のみならず、周辺諸国の人々にも多大な影響を及ぼすであろうことを危惧するものです。海に大量の放射能汚染水を投棄して「海洋犯罪国家」になってしまった日本が、これ以上周辺諸国を原発事故に巻き込むことは絶対に許されません。

 

 最後に、貴社九州電力は、6月26日の「県民向け説明会」において、玄海原発関連業者らに一般市民を装って「原発賛成」の意見をメールで集中させるという「やらせ問題」が発覚しました。世論を誘導どころか捏造して「安全」をアピールして、九州から西日本、隣国まで危険に晒す原発を推進しようなどということはまったく許されず、その道義的な責任は重大であると指摘せざるを得ません。

 

 以上のような観点から、私たちは貴社九州電力に以下のように申し入れます。

 

1, 玄海原発の2号機、3号機の再稼働を断念してください。

 

2, 深刻な老朽化が指摘される玄海原発1号機はただちに廃炉の手続きに入ってください。

 

3, 玄海原発の各原子炉や周辺機器の状況について、広くマスメディアや市民を施設内に立ち入れさせることを含めて、情報公開してください。

 

4, 貴社が現在稼働させている全ての原発を即時停止して下さい。

 

5, 九州電力経営陣は、「やらせメール」問題の責任をとって、総退陣してください。

 

以上、私たちは要求します。

【報告】 7.7「玄海原発を再稼働させるな 首相官邸前アクション」に200人

77 7月7日、福島原発事故緊急会議は午後六時半から東京・永田町の首相官邸前で「菅首相は玄海を再稼働させるな! 首相官邸前アクション」を行った。緊急にこの集会が準備されたのは、地元住民の反対の声を押し切り、海江田経産相が「安全宣言」を行い、現在定期検査で停止中の九州電力玄海原発2・3号機に運転再開への圧力をかけていたからである。菅首相も、この動きにゴーサインを出していた。

 玄海原発の再開は、停止中の各地の原発を再稼働する突破口であった。原発推進勢力は「脱原発」に流れを逆転させるために、玄海原発の早期運転開始にかけていた。7月4日、岸本玄海町長は「再稼働容認」を明らかにし、古川佐賀県知事も7月中旬には「再稼働」を認めることが確実と見られていた。地元佐賀県や九州の住民は、玄海再稼働を阻止するための佐賀県庁前座り込み、ハンストを開始し、全国の人びとに支援を呼びかけていた。こうした緊迫した情勢の中で、福島原発事故緊急会議は7月4日の会議で、急きょ7日の官邸前アクションを呼びかけることを決めたのである。

 しかし7月6日から7日にかけて事態は急変した。7月6日、海江田経産相は菅首相の指示に基づき、停止中の原発の運転再開に条件として安全性評価の耐性テスト(ストレステスト)を行うと明らかにした。7月6日に行われた衆議院の審議では、6月26日放送の「玄海原発の安全性」を県民に説明するケーブルTVの番組に対し九州電力が関連各社の社員に対し「再稼働賛成」のやらせメールを送るよう指令していたことが、共産党の笠井亮議員の追及によって明らかにされた。岸本玄海町長は一度は容認した「玄海運転再開」を撤回し、古川佐賀県知事も菅政権のジグザグに強い不信を表明した。こうして玄海原発「運転再開」は大きく遅れることが確実となった。

 この「玄海原発早期運転再開」の目論見が阻止されたことは、現地の住民を先頭にする反対運動の勝利であり、原発推進勢力への大きな打撃である。
 
 7月7日の首相官邸前アクションには、夏の運転再開が不可能になったことを歓迎し、それをたんなる「引き延ばし」に終わらせず、「ストレステスト」後の再稼働への道を断ち、廃炉を実現する熱気をこめて200人を超える人びとが参加した。

 暗くなるにつれてキャンドルに火がつき、官邸前の行動は大きく盛り上がった。佐賀県現地の石丸初美さん(玄海原発プルサ―マル裁判の会)の携帯電話によるアピールもマイクを通じて参加者に届けられた。ツィッターを通じて玄海再稼働阻止の意思を広げてきた長崎国際大学教員の土居智典さんからは「玄海原発の再稼働は、当面は避けられましたが、半年後には再び同じような問題が生じると考えられます。その時には、再び誰もが遠慮することなく声を上げ、日本全国の原発を廃炉にもっていこうではありませんか」という訴えが寄せられ、読み上げられた。

 菅首相への要請文は、福島原発事故緊急会議のほか反原発自治体議員・市民連盟、沖縄の自立・解放闘争に連帯する連続講座、もんじゅ西村裁判原告の西村さんや個人参加者から読み上げられ、提出された。福島みずほ社民党党首、アイリーン・美緒子・スミスさん(グリーン・アクション)、福島原発事故緊急会議・被曝労働問題プロジェクトの天野恵一さん、同電力総連申し入れプロジェクトの岩下雅裕さん、「プルトニウムなんかいらないよ!東京」の高木正次さんなどの発言や、7月8日の九州電力申し入れ行動、七月九日の福島/青森・新潟にリスクを押し付けるなデモ、7月24日の「暗い日曜日」アクションなどの呼びかけも行われた。

 最後に「東電前アクション」の園良太さんの「ショートコール」に参加者全体が声を合わせた。約二時間にわたって首相官邸前で「原発なくせ」の訴えが響き渡ったのである。(K)

【案内】 7.7 菅首相は玄海を再稼動させるな! 首相官邸前アクション

【7月7日】 菅首相は玄海を再稼動させるな! 首相官邸前アクション

【日程】 7月7日(木) 

【集合時間】 午後6時30分

【集合場所】 国会記者会館前
 (アクセス 地下鉄:丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前」下車すぐ)
 ※首相官邸前でアピール行動を行い、内閣府に菅首相あての要請文を
  提出します(要請文の持ち寄りを歓迎します)。

 
 玄海原発の再稼動に向けた動きが加速しています。海江田経産相が6月29日に佐賀県入りして、岸本玄海町長と古川佐賀県知事に再稼動を要請。岸本町長は7月4日、再稼動に正式同意し、古川知事も会談後に「安全性はクリアされた」と表明しています。知事は、7月8日の佐賀県主催の県民説明会、11日の県議会特別委員会での審議を踏まえて、ゴーサインを出すと見られています。さらに、知事が菅首相の佐賀県訪問を要請する中、菅首相の動向が焦点として浮上しています。

 原子力安全委員会は、国による安全審査の基準となる「安全設計審査指針」「耐震設計審査指針」の見直し(完了まで2~3年)に着手したばかりです。また、福島第一原発事故調査・検証委員会も発足したばかりであり、事故原因の解明はこれからです。そもそも、安全審査に失敗した原子力安全・保安院に「安全」を保証する資格はありません。こうした状況で再稼動させるのは言語道断です。さらに、過酷事故の被害が広範囲に及ぶことが明らかになった中で、地元自治体と都道府県の首長の了解のみで再稼動を決定することは、到底許されるものではありません。

 私たちは、地元佐賀県や北九州における再稼動反対の取り組みに呼応して、菅首相に再稼動させないことを迫る緊急の首相官邸前アクションを呼びかけます。要請文やプラカード、横断幕や鳴り物などの持ち寄り大歓迎です。ぜひご参加ください!
 

【呼びかけ】 福島原発事故緊急会議
[連絡先] ピープルズ・プラン研究所
(TEL) 03-6424-5748 (FAX) 03-6424-5749
  (E-mail) contact@2011shinsai.info
      (情報共同デスク) http://2011shinsai.info

【案内】止めよう玄海再稼働 7.8九電前アクション!~もう限界原発は廃炉に!~

:::::::≪拡散歓迎≫::::::::

【緊急行動】
止めよう玄海再稼働 7.8九電前アクション!
  ~もう限界原発は廃炉に!~
http://toudenmaeaction.blogspot.com/2011/07/blog-post_01.html

■詳細
日時:7月8日(金)17:30~
集合:JR有楽町駅日比谷口

備考:申し入れ書を持参して下さい。現地九州でアクションを行っている方からのメッセージと合わせて出しましょう!

17:30 JR有楽町駅日比谷口に集合
18:30 すぐ近くの九州電力東京支社前へ移動、リレートークやライブ!
19:00 申し入れ書提出スタート、リレートークやライブ続ける
20:30 終了予定

※ 時間や内容は変更になる場合もございます。予めご了承下さい。最新情報はブログやツイッターをチェックして下さい!

::::::::::

現在稼働中の原発は54基中たったの17基です。停止中の37基を再稼働させないことで、脱原発は必ず達成できます。

ところが、海江田万里経済産業相による各知事への説得がとうとう始まり、佐賀県知事が「安全性はクリアされた、県議会の議論を経て、再稼働へ。」という意向を示しています。

一つでも再稼働を許せば、他の停止中原発も続々とこの流れに続いてしまうことでしょう。それだけは防がなければなりません。

すでに現地では、多くの市民が原発再稼働に反対する行動を起こしています。

一つでも再稼働を許せば、他の停止中原発も続々とこの流れに続いてしまいかねません。

福島原発事故の後に、そんな社会はありえない。私たちの手で必ず防ぎましょう!

すでに現地では、多くの市民が原発再稼働に反対する行動を起こしています。

そこで、東電前アクションではこの情勢を踏まえ、東京からも『原発の再稼働はしてほしくない。すべきではない。』という意見を九州電力東京支社に届けに行くことを決めました。

申し入れ文、楽器、横断幕、プラカード、盛り上げるものは何でも持ち寄り大集合して下さい★





玄海原発再稼働を止めるための緊急行動『九電前アクション!』に対する賛同メッセージと九電に対する申し入れ文を募集しております。
簡単なものでかまいませんので、一言でもいただければ、世論の大きさを示すものになると思います。


いただいたメッセージはこちらのブログでご紹介させていただき、印刷して九州電力東京支社へ直接手渡しに行きます。


ご賛同いただける方は
お名前(ニックネーム可)
肩書き・地域
コメント
をご記入のうえ、東電前アクション!メールまでご送信下さい。
Eメール toudenmae.action@gmail.com
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ