虹とモンスーン

アジア連帯講座のBLOG

再稼動阻止

案内:【緊急大アクション!1.18】大飯原発再稼働ダメ・ゼッタイ! ~経産省保安院前を埋め尽くせ!~

≪拡散大歓迎≫
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【緊急大アクション!1.18】
 大飯原発再稼働ダメ・ゼッタイ!
~経産省保安院前を埋め尽くせ!~

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■呼びかけ:東電前アクション!
http://toudenmaeaction.blogspot.com/
Email:toudenmae.action@gmail.com
twitter:http://twitter.com/toudenmaeaction

1月18日(水)
経産省別館(原子力安全・保安院)玄関前(経産省日比谷公園側の建物)
15時~ アクション開始!
18時半~ 仕事・学校帰りもみんな集まれ!大集会
(「ストレステストに係る意見聴取会」は16時15分から19時15分まで行われています)


■インチキな「ストレステスト」で再稼働を決めるな!
■原発は大量殺人の装置だ!「殺されてたまるか!」


経産省と原子力安全・保安院は、「ストレステスト」による審査で大飯原発の再稼働を認める方針であることが報じられています。
そして、1月18日に行われる「ストレステストに係る意見聴取会」で、その審査を終わらせて再稼働に向けて次の段階に移ろうとしています。

私たちは、以下の理由から「ストレステスト」の審査の結果など認めることができません!

1, そもそも「ストレステスト」なるものに、原発の稼働の当否を決める法的権限などない。

2, 「ストレステスト」は机上の数字の計算で「原発の耐久性」を測るものでしかない。その結果の真偽は、実際の地震・津波でしか確認することはできない。

3, 「原発の耐久性」について、飛行機の激突や隕石の衝突まで含めて考慮されるべきだというのが、いまや国際的な議論の主流になっている。今回の「ストレステスト」では、そこまでの計算はなされていない。

4, 「原発の安全」をチェックするはずの経産省と保安院は、電力業界と一体になって原発を推進し、原発立地自治体の説明会で「やらせ」を指南するような組織であり、そもそも中立性がない。

5, 福島事故を引き起こした当事者として責任を問われ、近く環境省への移管・再編が言われている保安院に、原発再稼働の当否を決める資格はない。

6, 枝野経産相は、東電が選んだ「電力業界に貢献した政治家トップ10」に入るような人物(朝日新聞1月8日)。特定の業界・企業から献金を受けた人物が、その業界の利益に直接結びつくような省庁の大臣を務めるのはふさわしくない。枝野経産相は、ただちに辞任しろ!

7, 「ストレステスト」の審査には、原発メーカーである三菱重工から献金を受けている御用学者が三人も入っている。買収された審判がジャッジするスポーツなどありえないように、ましてや人の生き死にに関わる原発の稼働の当否を決める場に、こんな人物たちがいること自体がありえない。

「原発に想定外などあってはならない」...これは、福島事故の最大の教訓であるはずです。「想定外」を最初から度外視した「ストレステスト」の結果などで原発を再び動かし、これ以上私たちの生命が脅かされるなんて、もう我慢がなりません。

ましてや、このように「ストレステスト」など、原発を動かし、日本の原子炉を外国に売り込むためにする「茶番」としか言いようがありません。

 こんな茶番を演じる前に、保安院は福島をかえせ!
 政府は「冷温停止状態-収束宣言」を撤回しろ!

そして、福島事故が示したことは、「原発はあっと言う間に当たり前の生活を根こそぎ破壊する」ということであり、「原発は未必の大量殺人の装置だ」ということです。

原発ゼロを求める闘いは、未来を取り戻す闘いです。
絶対に原発再稼働を阻止して、原発ゼロを実現させよう!未来はそこからしか始まりません。

1月18日、経産省保安院前に大集合しよう!そして叫ぼう!

「殺されてたまるか!」  

:::::(ここまで):::::::::::::::::::::     

【案内】全国から電力会社・経産省を包囲しよう!再稼働反対 12・11デモ

【転送・転載歓迎】

 <東電福島原発震災の発生から9ヶ月>

全国から電力会社・経産省を包囲しよう!再稼働反対 12・11デモ

★12月11日(日) 
・午後1時:日比谷公園中幸門(日比谷図書館裏)に集合、集会開始
      ※千代田線・日比谷線「霞ヶ関駅」C1出口より200m
       丸の内線「霞ヶ関駅」B2出口より300m
       都営三田線「内幸町駅」A7出口より150m

  <原発現地からの発言などを予定>
・午後2時:デモ出発
      ※プラカード、鳴り物などの持ち寄り歓迎

東京電力をはじめ、日比谷、有楽町、東京駅、大手町に散在する各電力会社(再稼働が早いとされる四国電力、関西電力などを含む)前を通り、最後に経産省を包囲デモ、経産省正門前にゴールするコースを検討中。

★翌日12日(月)
・午前:交流会(弁護士会館:予定)
・午後1時30分~3時(予定):経産省要請・院内集会

 11月11日、冷たい雨がそぼ降る中、経産省・保安院は9・11に続いて「再稼働反対」を掲げる「人間の鎖」によって完全に包囲されました。
http://www.asahi.com/national/update/1111/TKY201111110538.html

 玄海原発4号機の強引な再稼働、ベトナムなどへの原発輸出の加速、「避難させずに除染」キャンペーンなど、「原子力ムラ」による逆襲が続いています。また、大飯3号、伊方3号、大飯4号とストレステスト結果の報告も相次ぎ、保安院による「審査」も始まっています。しかし、福島第一原発事故の実態を反映しないアリバイテストは茶番に過ぎません。

 来春の原発ゼロ稼働へのカウントダウンが始まっています。「人間の鎖」の成功をはずみに、経産省・電力会社に、再稼働の断念と全原発停止、原発輸出の中止と「自主」避難者への賠償など「避難の権利」の確立を強く迫りましょう! 今度は、全国から電力会社と経産省を包囲する大きなデモを実現したいと思います。ぜひご参加ください。

【呼びかけ】 11・11-12・11再稼働反対!全国アクション実行委員会
[連絡先]ピープルズ・プラン研究所
 (TEL) 03-6424-5748 (FAX) 03-6424-5749
(E-mail) contact@2011shinsai.info
 【ウェブサイト】 http://nonukes.jp/
 【ツイッター】 @1111nonukes

◆11・11~12・11は「再稼働反対アクション月間@経産省前テント」
http://2011shinsai.info/node/1088

皆さんの様々なアクション企画(座り込み、抗議アピール、デモ、ライブ、上映会、学習会、青空講座、展示、交流会、カフェ、経産省への大声大会など)を募集中です。

※連絡先:070-6473-1947 tentohiroba@gmail.com
     http://tentohiroba.tumblr.com/

◆ぜひ各地でも、再稼働反対の「11・11-12・11」アクションを!

【アクション登録はこちら】
http://nonukes.jp/admin/regist_action_form.html
「12・11」をはじめ、年内の再稼働反対・脱原発の各地でのアクションを登録して下さい。ウェブサイトの地図上に反映されます。

…………………………………………………………………………………

【実行委員会への参加・賛同のお願い】 取り組みを支えていただくために。
◇参加・賛同費は、個人1000円・団体3000円です。
◇郵便振替口座  00110-8-694804
◇口座名     再稼働反対・脱原発全国アクション

※振替口座の備考欄に、お名前、肩書き(所属)、お名前の公表の可否を必ずお書き添えください。

【案内】10.27~29原発いらない福島の女たち~100人の座り込み~

「原発いらない福島の女たち」サイトから転載
http://onna100nin.seesaa.net/
***************************

原発いらない福島の女たち~100人の座り込み~

●集合場所
営団地下鉄(丸の内線・日比谷線・千代田線)
霞が関駅 A12出口付近

「原発いらない福島の女たち」の黄色いノボリが目印。
参加者は、必ず「受付」を通って、
注意事項等が書かれたチラシを受け取ってください。

参加費やカンパ、差し入れも、「受付」で対応します。

●持ち物・服装
アクションのシンボルカラーは「黄色」です。
黄色いものを、どこかに身に付けて参加いただけると、
アクションに一体感・連帯感が出て、より効果的になります。

折り畳みの簡易イスと放射能防御用のマスク、
防寒対策、雨天対策は各自お願いいたします。

東京のサポート隊から、
炊き出しやお茶を準備いただけるそうです。
マイ箸、マイカップを持参いただけると助かります。

●大まかなスケジュール
(1) 毎朝、プレス向けの説明会を開きます。
10時半から30分くらい、今回のアクションの意図を説明し、
記者の方々からのご質問にお答えする時間を作りました。
この件は、報道各社宛てに「取材のお願い」を提出してありますが、
もちろんフリーランスのジャーナリストさんも大歓迎です。
ぜひお越しください。そして、わたしたちのアクションを広めてください。

(2) 経産省に要望書の申し入れに行きます。(人数制約あり)
「福島の女たち」からの、4つの要望を書いた書面を、
経産省に届けに行きます。
日時は、27日11時を予定しています。

(3) 女性国会議員さんを訪問したいと考えています。(人数制約あり)
27日、28日の午後、予定しています。

(4) 福島市渡利地区住民政府交渉を傍聴します。
28日12:30から16:30の予定。

(5) 原発いらない福島の女たち~100人のデモ~
29日11:30集合:日比谷公園・中幸門
12:00スタート、東電前・銀座・東京駅前を経て、常磐公園にゴール。
 *最寄りの銀座線神田駅より虎ノ門駅へ向かい、経産省前に戻れます。
 *途中での出入りもOKです。

(6) 最終日の終了後、交流会を予定しています。
29日15時~ 日比谷公園かもめ広場

(7) 岩上チャンネルでUst中継いただくことになりました。
今回のアクションが、ライブ中継されるそうです。
残念ながら参加できない…というみなさんは中継をご覧ください。

これらのスケジュールの合間に、
指編み隊、カギ編み隊などの手仕事タイム、
飛び入りライブなどのパフォーマンスタイム、
東京のサポート隊による炊き出しタイムなどが行われます。

「歌いたい」「踊りたい」「発言したい」など、
アピールを希望される方は、受付でお申し出ください。
プログラムを調整いたします。


ここに書きましたスケジュールはすべて流動的です。
現場で次々と変更されていく可能性が大いにあります。
初めての活動であり、段取りや仕切りに至らない点も多いと思われます。
みなさま。なにとぞ、ご了承ください。

三日間、みなさまとともに、
元気に、明るく、非暴力の姿勢で、
「原発からの卒業」を訴えてまいりたいと思います。
また、福島からの参加者と、全国の参加者が、
たくさん交流できることも願っています。
どうぞ、積極的に話しかけ、語り合い、想いを分かち合ってください。
脱原発アクションは、これからも長く続くものだと思います。
同じ願いの人々が、つながり合い、いざというときには声を掛け合い、
力を結集する必要があると思います。

そうした出会いの場にもなることを祈って、
明日、初日を迎えたいと思います。

***

【案内】 9・11再稼働反対・脱原発! 全国アクション

◆ 9・11再稼働反対・脱原発! 全国アクション

◇再稼働に反対! 運転中の原発も止めよう! 来春の全原発停止を実現しよう!
◇安全委員会、保安院に安全審査の資格なし! ストレステストはいんちきだ!
◇福島の人々とともに、放射能から子どもたちと労働者を守ろう!
◇電力は足りている! エネルギー浪費をやめて、自然エネルギーへの転換を!

◆東京では、9月11日(日)午後に、経済産業省を1万人の「人間の鎖」
で包囲するアクションやデモなどを行います。以下が行動予定です。

13時    日比谷公園集合
13時30分 デモ出発
15時30分 経済産業省を「人間の鎖」で包囲(1回目:予定)

※アクションは、デモやパレード、申し入れ、講演会、上映会、広場、
チラシまきなど多様な形を歓迎します。また、9月11日(日)を基本とし
ますが、その前後、例えば9月10日(土)のアクションでも構いません。
アクションが決まりましたら、ぜひお知らせください。

※今後の詳細は「6・11アクション」の更新ウェブサイト(リニューアル
予定)にて発信していきます。アクションの登録も可能です。
http://nonukes.jp/ 



【呼びかけ】

9月11日は、福島原発震災の発生から半年。

今なお大地や大気や海への放射能の放出は続き、人や動物や自然を傷つけています。
特に、子どもたちや原発労働者の被ばくは深刻です。

原発の再稼働を止めれば、来春5月にはすべての原発が止まります。
原発現地と連けいし、全国、全世界の人々とともに、
9月11日に再稼働反対・脱原発の一斉アクションを呼びかけます。

9月11日は声をあげましょう!
原発なしでも大丈夫! 再稼働を止めて、脱原発へ!

【呼びかけの経緯】

 再稼働を止めれば来春にはすべての原発が止まる! 脱原発の最短コ
ースが見えてきました。「6・11脱原発100万人アクション」の成果を引き継
ぐ形で、福島原発震災の発生から半年となる9月11日に、「再稼働反対・
脱原発!」を掲げた一斉アクションを呼びかけようということになりました。
 原発を監視するはずの保安院の「やらせ指示」もマスコミに暴露された
今、安全委員会や保安院に安全審査の資格はまったくないことは明らか
です。
 実行委員会には、東京で「6・11アクション」を担った福島原発事故緊
急会議、eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)、エネル
ギーシフトパレード、芝公園などのデモの主催関係者などが関わってい
ます。
 原発現地での再稼働反対などのアクションと、そこへの各地からの結
集、さらに、都市部・各地での連帯アクションが呼応するような形を目指
しています。なお、「さようなら原発1000万人アクション」が呼びかける9月
18~19日の脱原発アクション(5万人行動など)とも連けいして取り組み
ます。ぜひ各地でも取り組みをご検討ください。


【呼びかけ】
「9・11再稼働反対・脱原発! 全国アクション」実行委員会
[連絡先] ピープルズ・プラン研究所
(TEL)03-6424-5748 (FAX)03-6424-5749
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ