虹とモンスーン

アジア連帯講座のBLOG

三里塚

不当判決糾弾!柳川秀夫さん持分裁判 横堀共有地(鉄塔前のくぼ地)裁判

jpg 9月22日、千葉地裁民事第5部(仲戸川隆起裁判長)は、柳川秀夫さん持分裁判で「空港会社の単独所有を認める」不当判決を出した。全面的価格賠償方式(地権者との合意もなく一方的に金銭補償することをもって土地強奪ができる悪法)を適用し、空港会社が柳川さんに横堀土地持分(約116㎡、15分の3)に720万6507円、木の根の土地持分(1.5㎡、780分の1)に12万9246円を一方的に支払うことによって「所有権の移転」と称する土地強奪を認めた。

 裁判後の集約で清井礼司弁護士は、ただちに控訴手続きに入ることを表明。

 柳川秀夫さんは、「空港会社の約束破りを追認した判決を許さない」と糾弾。

 加瀬勉さんは、「一坪共有地裁判は、階級裁判、支配裁判、政治裁判だ。不当判決を跳ね返し、勝利をかちとろう」と訴えた。

 9月28日、千葉地裁民事第1部(三代川三千代裁判長)は、横堀共有地(鉄塔前のくぼ地)裁判で空港会社の主張を認め、全面的価格賠償方式を適用し「空港会社の単独所有を認める」不当判決を出した。空港会社が被告・共有者47人(持ち分1080分の1)に30727円の賠償額を一方的な支払いで所有権移転を認めた。

 裁判後、清井弁護士は、「ただちに控訴していく。今後の控訴審方針として空港会社の約束破り、土地強奪の不当性を争点にして闘っていく。現地の闘いと裁判闘争を一体で取り組んでいこう」と呼びかけた。

 山崎宏さんは、「空港会社は、これまでの空港建設のやり方を謝罪し、提訴しないとも言っていた。しかしそんなことは棚に上げ、提訴した。実質的な『強制収用』だ。控訴審闘争を闘っていこう」と表明した。



解説



 千葉地裁は、現闘本部共有地裁判(9月16日)、柳川秀夫さん持分裁判、横堀共有地裁判で空港会社の「本件土地についても原告が大部分の持ち分を所有している。土地は空港建設に必要不可欠の土地」という土地強奪の主張を追認し、全面的価格賠償方式を適用し所有権移転を認めた。しかし柳川さんの横堀共有地持分は15分の3の所有であり、空港会社が「大部分の持ち分を所有している」という評価は当てはまらない。

 だから千葉地裁は、「裁判所による共有物の分割(民法二五八条二項)について、法は、裁判所の適切な裁量権の行使により、共有者間の公平を保ちつつ」などと振る舞いながら「共有者間の実質的公平を害しないと認められる特段の事情が存するときは、共有物を共有者のうちの一人の単独所有又は数人の共有とし、これらの者から他の共有者に対して持分の価格を賠償させる方法、すなわち全面的価格賠償の方法による分割をすることも許されるべきである」などと居直るしかなかった。

 このように柳川持分裁判の判決主張は、空港会社と一体となって空港建設推進派としての腐敗・堕落に満ちたものである。その一端を「特段の事情が存するか否かを考察」しているかのようなポーズをとらざるをえなかった。

 控訴審闘争を闘うにあたって地裁のとんでもない柳川持分裁判判決の暴論を取り上げておく。

 判決の「土地の利用状況及び分割された場合の経済的価値」では、柳川持分の土地(横堀)が「現在供用中の空港誘導路に囲まれており、空港の供用区域の一部として立ち入りを制限されている」などと述べている。しかし横堀十字路を一方的に封鎖し、誘導路建設を柳川さんとの合意もないまま推し進めた経緯のうえでの「立ち入り制限」でしかない。通行禁止ではなく「制限」と言うように土地所有者として柳川さんは、土地管理のために立ち入ることが可能なのである。

 柳川さんと弁護団は、横堀の共有地について「反対同盟及び空港反対運動のシンボルとして、重要な精神的価値を有する」と強調し、「本件各土地に近接した土地上には、反対同盟の拠点である現地闘争本部や横堀鉄塔、木の根ペンション等の構築物や建物が存在し、現に使用されており、これらの構築物や建物が撤去されない限り、原告が予定している横風滑走路の完成・運用は不可能であるから、現時点において原告が本件土地の被告持分を取得することの意味はほとんどない」と反論した。

 だが地裁は、「被告にとって精神的価値を考慮しても、なお、本件各土地を原告が単独で取得し、被告が賠償金を取得する方法で分割することが相当である」という結論ありきで判決を組み立てた。ことごとく被告の主張を排除して「被告が本件各土地を現物分割により共有持分割合に従って取得したとしても、その経済的用法に従い、農地等として利用することは極めて困難であると予想される」とまで断定するしかなかった。土地利用等について具体的に検証せず、具体的な根拠も提示しないで土地利用について「困難であると予想される」といいかげんに言うことしかできなかったのだ。



控訴審勝利にむけて



 判決の「原告の本件各請求が信義則違反に当たるか」についても、とんでもない歴史のわい曲、すり替えを巧妙に行っている。

 被告と弁護団は、提訴がシンポ・円卓会議の中で運輸省と公団が、農民の意志を無視し国家権力の暴力を使って推し進めた空港建設のやり方をしないという反対同盟との約束違反であり、裁判を通した「強制収用」だと主張してきた。

 ところが地裁は、「全面的価格賠償の方法による共有物分割は、仮にその請求が認められれば、一方共有者が地方共有者の意思に反して当該土地を単独所有することができるという意味において、強制的な契機を有していることは否定できない」などと認めた。この時点で「信義則違反」は成立しているのだ。

 しかし地裁は、「私法的な共有物分割請求によりこれを単独所有とすることが民法上も肯認されるようになった土地についても、共有物分割請求をすることができないとの合意が形成されたとまで認めることは困難というほかない」とシンポ・円卓会議を通した「約束」の事実を投げ捨て、「民法上も肯認されるようになった土地」などと巧妙にデッチアゲ、問題点をすりかえ、完璧に矛盾した主張を行っている。

 結論の強引な飛躍は、「シンポジウムや円卓会議が反省の対象としてきた強制的な土地収用手続きによる土地取得と同視することはできない」と述べ、「原告は、被告との間の本件土地の共有持分の取得に関し、話し合いにより合意により到達することが不可能であると判断して本件各訴訟を提起したものと認められ、本件各請求が信義則に反して許されないということはできない」と断言し、ミエミエの空港会社防衛だ。

 さらに判決は「話し合いにより合意により到達することが不可能」と規定しているように一坪共有地裁判が裁判を通した土地強奪であることを自ら認めている。つまり、信義則違反は成立しているのだ。

 しかも地裁は、公団の浅子直樹用地業務推進室長(当時)が北原派反対同盟に属する共有分割請求訴訟での記者会見(2002年12月24日)で「他の共有地については引き続き任意交渉し、訴訟で取得を求めるのは今回が最後である」と述べている事実を無視した。

 これだけではない。空港会社の東峰神社立木を無断伐採したことを東峰地区住民に謝罪し(2005年5月9日)、円卓会議での約束を再確認し、「平行滑走路の問題については、あくまで皆様との話し合いによって解決してまいりたいと思っています」と改めて約束した事実も無視だ。

 地裁がこれら事実を無視せざるをえなかったことは、逆に地裁判決の脆弱性の現われでもある。控訴審闘争では、あらためて共有持分権者、信義則違反、全面的価格賠償の不当性を争点に反論していく。一坪共有地裁判第二次カンパに協力しよう(一口 二〇〇〇円 振替口座:00290―1―100426)。

(Y)

報告 9.16不当判決糾弾!現闘本部共有地裁判

三里塚009 9月16日、千葉地裁民事第2部(白石史子裁判長)は、現闘本部共有地裁判で全面的価格賠償方式(地権者との合意もなく一方的に金銭補償することをもって土地強奪ができる悪法)によって「成田国際空港会社の所有とする」不当判決を言い渡した。

 被告と弁護団は、一坪再共有地運動は支援に名義の形式を再共有化したにすぎず、空港会社(原告)は現在の共有名義人(一坪共有者)に対して共有物分割請求はできないと主張してきた。しかし地裁は空港会社の主張を認めて判決は、「譲渡契約の各当事者間において、買戻し等の条件が付されていたにとどまり、譲受人が本件土地の実質的な共有持分権を取得していないとはいえない」と断定した。

 その根拠として「一坪共有運動及び再共有化運動は、成田空港の建設予定地内の土地の所有権を細分化して用地取得の交渉や手続き等を困難にすることを目的として行われるものであるところ、共有名義人らが実質的な共有持分権者でなく、もと所有者ないし反対同盟のみが所有者であるというのでは、一坪共有運動の目的を達することはできない」から「実質的な共有持分権を取得しなかったとは考えられない」と決め付けた。おまけに「三里塚大地共有契約書」を取り上げ「受贈者は、土地の権利は取得するが、転売、贈与、担保権の設定等、権利の移転及び共有地の分割は一切しない」の文言があるではないかと言うのである。



空港会社防衛の千葉地裁



 そもそも一坪共有運動及び再共有化運動の責任機関は、三里塚大地共有委員会であり、わざわざ取り上げた「三里塚大地共有契約書」に明記されているように共有者は「転売、贈与、担保権の設定等、権利の移転及び共有地の分割は一切しない」という契約そのものが「単に登記名義を取得した」ことを証明している。地裁は、このような単純な証明自体を意図的に排除し、明らかな論理矛盾の強行突破は、ひたすら空港会社の主張を守り抜くところにある。

 さらに被告と弁護団は、今回の提訴そのものが、1991年から反対同盟と国・運輸省―空港公団(当時)の間で始まったシンポ・円卓会議の中で運輸省と公団が、農民の意志を無視し国家権力の暴力を使って推し進めた空港建設のやり方を謝罪し、二度とそのような強権的な手段を用いないと約束した歴史的経緯などを無視して裁判を通した「強制収用」だと主張してきた。

 しかし地裁は、現闘本部が「平成一〇年以降使用されておらず、屋根と壁の一部が損壊しているなど廃屋同然となっており、現在は、原告が四方を鉄板で囲ん」でいると平然と言う。空港会社が反対同盟になんら打診もなく、同意もなく一方的に横堀十字路から現闘本部に向かう道路を封鎖し、横風滑走路建設の一環として現闘本部を鉄板で囲んだ犯罪を一言も触れないのである。

 あげくのはてに「本件土地の位置関係や被告らの共有持分に照らして、反対同盟熱田派が、本件土地の現物分割を受けた上で現闘本部建物を維持し、その経済的用法に従って利用するのは、ほぼ不可能である」と空港会社の主張を持ち上げながら「本件土地が原告の単独所有となったとしても直ちにC滑走路の建設が開始されるとは認められないが、そのことが、全面的価格賠償の方法による本件土地の共有分割を否定する理由とはならない」などという暴論を展開した。

 「本件請求が、隅谷調査団見解に反し、信義則に反するということはできない」と断言するが、その根拠もいいかげんだ。空港会社の主張をほぼ認めつつ、「本件は、本件土地が原告及び被告らの共有であることを前提とする民法所定の共有分割を請求するものである」などと一坪共有地運動、空港会社の犯罪などの歴史的経緯を抹殺し、自らの責任位置を棚に上げ、巧妙にすり替えている。そのうえで「共有分割訴訟は、共有において共有分割請求の自由が保障され、各共有者が共有物分割請求権を有する(民法二五六条)ことを前提に、共有者間に協議が調わないときに、裁判所が諸事情を総合考慮して裁量によって公平な分割の方法を決定するものである」などと本件裁判論を披露して強引に「土地収用法上の収用手続きとは本質的に異なるものというべきである」などと飛躍した結論を提示するほどだ。



控訴審勝利へ



 以上のように千葉地裁は、空港建設推進派として空港会社の一坪共有地強奪のためのでっち上げ主張をことごとく認めたのである。不当判決を糾弾し、判決の反動性を社会的に暴露していかなければならない。

 裁判後の集約で清井礼司弁護士は、不当判決を批判し、控訴して闘っていこうと訴えた。

 柳川秀夫さんは、「円卓・シンポの約束を破ることは許さない。不誠実な態度を放置することはできない。断固闘っていく。闘争の質は変わっていない」と決意表明した。

 山崎宏さんは、「空港会社は、勝手に現闘本部を鉄板で囲い。使わせないようにしてきたのに『廃屋同然』などと主張した。空港会社の主張を追認する判決を糾弾する」と発言した。(Y)



■柳川秀夫さん持分裁判判決

9月22日(木)午後1時10分、千葉地裁601号法廷

(★案内では午後1時30分でしたが、1時10分の間違いでした)



■横堀共有地(鉄塔前のくぼ地)裁判判決

9月28日(水)午後1時10分、千葉地裁601号法廷



■横堀・団結小屋破壊裁判判決

10月25日(水)午後1時10分、千葉地裁601号法



★いずれも開廷30分前には各法廷前に結集してください。終了後、集約報告。

★千葉地方裁判所/JR総武線・内房線・外房線千葉駅から徒歩15分,京成千葉線千葉中央駅から徒歩8分



■ 9・30一坪共有地裁判判決報告会

9月30日(金)/午後7時/場所:全水道会館小会議室(JR水道橋駅)

報告:清井礼司弁護士/反対同盟共有委員会(Ⅱ)

【案内】三里塚:一坪共有地、横堀・団結小屋破壊裁判の判決傍聴と報告集会に集まろう!

一坪共有地、横堀・団結小屋破壊裁判判決傍聴闘争の参加要請
三里塚芝山連合空港反対同盟大地共有委員会(Ⅱ)〔代表:加瀬勉〕


現闘本部共有地裁判判決
9月16日
(金)午後1時10分、千葉地裁601号法廷


柳川秀夫さん持分裁判判決

9月22日(木)午後1時30分、千葉地裁601号法廷


横堀共有地(鉄塔前のくぼ地)裁判判決
9月28日
(水)午後1時10分、千葉地裁601号法廷


横堀・団結小屋破壊裁判判決
10月25日
(水)午後1時10分、千葉地裁603号法


★いずれも開廷30分前には各法廷前に結集してください。終了後、集約報告。
★千葉地方裁判所/JR総武線・内房線・外房線千葉駅から徒歩15分,京成千葉線千葉中央駅から徒歩8分


9.30一坪共有地裁判判決報告会
9月30日
(金)/午後7時/場所:全水道会館小会議室(JR水道橋駅)
     報告:清井礼司弁護士/反対同盟共有委員会(Ⅱ)


■一坪共有地裁判 第二次カンパにご協力を!
1口 2000円 振替口座:00290-1-100426 大地共有委員会(Ⅱ)


■連絡先:〒289─1601 千葉県山武郡芝山町香山新田131─4/電話&FAX0479─78─0039/振替口座 00290─1─100426 大地共有委員会(Ⅱ)

【報告】成田空港に囲まれた『木の根』で20年ぶりのプール開き!

kinone 7月17日、三里塚・木の根ペンションで「成田空港に囲まれた『木の根』で20年ぶりのプール開き!」が行われ、80人が集まった。

 木の根ペンションとプールは、成田空港のど真ん中にあり、この土地は反対同盟と全国の一坪共有者によって所有されている。三里塚闘争にとって重要な拠点であり、空港会社の一切の強奪策動をはね返し続けている。この闘争拠点で木の根プール再開作業が2010年7月から始まった。発揮人の大森武徳さん(続・木の根物語プロジェクト)は「木の根は三里塚闘争の原点。東峰・天神峰が騒音問題で厳しい闘いを強いられる中で、木の根は少しほっとできる場所にしたい」という思いから着手。以降、スタッフ参加を呼びかけ「続・木の根物語プロジェクト」が立ち上がり、水抜き~ゴミさらい~泥抜き~プール周辺の整備など約一年かけてたどり着いた。

 すでにプールは注水してから水深100㎝近くになっている。ペンションの庭には中川憲一さんの生ビール・ソフトドリンク店、石井紀子さんたちの野菜料理店、平野靖識さんたちの「らっきょう工場」店、プロジェクト直轄のかき氷・焼きそば店が立ち並ぶ。

 プール開きは、相川陽一さん(地球的課題の実験村)の司会で始まった。

 開催あいさつが大森さんから行われ、「1980年、三里塚・子ども共和国に参加しプールで泳いだ。その後、使われていないプールを知り、なんとか再開しようと思った。仲間たちと泥抜きを始め、ここまでこれた。これからも色々と発信していく。自給自足の生活も含めていろいろと実験していきたい。今後もペンションに注目してください」とアピール。

 柳川秀夫さん(三里塚反対同盟世話人)の音頭で参加者全体で「乾杯」。 さらに「ここは空港の真ん中にある。プールが綺麗になり、多くの人が集まってくれた。空港反対の意志を発し続けていく。福島原発事故が起こり、深刻な事態になっている。空港のような巨大開発、『便利な社会』を目指してきた結果だ。三里塚闘争の結論としてこの社会を見直し、『腹八分目の社会』をめざしていくことだ」と強調した。
 
kinone2 加瀬勉さん(三里塚反対大地共有委員会<Ⅱ>)は、「子どもたちの未来を託して、大人たちが『頑張ったよ』と伝えるために、さらに三里塚を闘いぬいていく。ここは全国の1100人の共有者の土地だ。だから日本人民の土地だ。闘争の楽しさを無限大に広げていく三里塚闘争を闘っていこう」と呼びかけた。

 アピールタイム後、次々とプールに入っていく。飛び込み、水泳、ボールの投げ合い、水鉄砲の打ち合いなど炎天下をはねかえす水しぶきを発散させていった。さらに庭では、ロックバンド、チャンググループ「ウリト」の演奏。歓談交流が続いた。

 「360度空港」のプールが再スタートした。小川源さんの遺志を受け継ぎ、三里塚闘争拠点の「無限大」の可能性を全国の力で開拓していこう。(Y)

【案内】 7.17木の根プール開きへ

kinone pool 7.17木の根プール開き 

日 時: 7月17日(日)
10時受付 11時開会

場 所: 成田市木の根 木の根ペンション

交 通: 京成電鉄 東成田駅下車徒歩10分


※当日ペンション内には駐車スペースはありません。車での来場は 控えてください。尚、駐車場は「芝山千代田駅」前の駐車場をご利用ください(1日300円)

参加費: 大人 入場料500円、食事、ソフトドリンク代 500円/小・中学生 入場無料 

イベントのご案内:ライブ演奏 /映画上映 /物品販売(祝島、三里塚物産など) /屋台(野菜料理、焼きそば、かき氷、ビヤガーデンなど)他いろいろ準備中

連絡先:続・木の根物語プロジェクト 大森 090-4595-6612
     

報告:6.26三里塚・東峰現地行動

narita626 成田空港30万回発着を中止せよ!
すべての原発を停止せよ!

 
 6月26日、三里塚空港に反対する連絡会は、「6・26三里塚・東峰現地行動」を行い、50人が参加した。

 連絡会は、3.11東日本大震災後の福島第一原発事故が人災であり、経済至上主義の国策として押し進めてきた結果だと捉え、三里塚空港の廃港とともに「すべての原発を停止せよ!」を掲げた。すでに千葉県下でも放射能物質の飛散によって農産物の被害が出ており、菅政権・電力資本の原発推進政策を許さず、三里塚闘争と反原発闘争を一体の闘いとして位置づけて取り組んだ。

 第2は、政府・空港会社の羽田空港と成田空港の一体的運用によるハブ空港化にむけての人権・環境破壊の繰り返しを阻止する闘いだ。成田空港周辺住民の騒音拡大の不安が高まっているにもかかわらず、需要予測の過剰な見積もりをでっち上げて「空港満杯」の恫喝を繰り広げ、行政機関を動員し強引に三〇万回発着合意を取り付けた(10年10月)。ところが成田空港会社の経営状態は04年の民営化以降で初の大赤字になっていた(5月11日)。2012年3月期連結決算の経常損益が6億円の赤字(前期は234億円の黒字)、最終損益は32億円の赤字(同99億円の黒字)。売上高は前期比14%減の1616億円、営業利益は76.3%減の76億円。森中小三郎社長は、震災と福島第一原発事故などの影響で旅客数が約650万人減少すると認め、「今まで以上に危機意識をもって対処していく」などとウソ吹いている。

 こんな空港会社の危機に対して国交省は、午後八時以降の発着制限の緩和の承認、二本の滑走路からの同時・平行離陸方式の導入(10月20日)も黙認した。金儲けのための空港公害の拡大、安全軽視政策のバックアップだ。30万回発着に暴走する国交省・空港会社の暴挙を許してはならない。闘う三里塚農民・住民に連帯していこう。



反原発・反三里塚空港へ!



 午前中は、続・木の根物語プロジェクトが取り組む木の根プール再開作業に参加。すでにプールの水抜きは完了しており、周辺の整地、プール内の清掃等だ。プール開きは、7月17日(午前11時)に行われる。柳川秀夫さん(反対同盟世話人)の挨拶、屋台、ライブ、映像上映など盛りだくさんの企画が予定されている。一坪共有地にある木の根プールは、成田空港に対するボディーブローの打撃を与え続けている。7.17木の根へ!

 午後から東峰共同出荷場で集会が行われた。B滑走路南端に着陸するジェット機の轟音(90~100デシベル)のたたきつけに抗して次々と発言が行われた。

 石井紀子さん(東峰地区)

 「今ごろの雨は、作物にとっては恵みの雨でありがたいのだが、福島原発の事故で躊躇するところがある。3.11以降も畑の作物は逃げられない。ずっーと作物の体がいろなものを浴びて苦しんでいるのだなと考えると辛い。福島のある農家の方で自殺した人もいたが、ほんとに人事ではない。畑に何十年も化学物質を入れず、体にいいものを入れてきた。それが一瞬で壊されてしまった。この暴力を人間として持てる力を出して抗議しなければならない。空港も腹がたつし、全部の原発を止めなければならない。自然エネルギーに変えていく生活をしていかなければならない。私たちの野菜が再び安全で健康だと言えるように闘っていく」。

 「成田空港会社は、10月から22万回から23.5万回の発着にすると言っている。空港の中はガラガラで、世界から日本が『汚染列島』だと言われ、観光客が激減している状態なのに、なんで増やす必要があるのか。ほんとうに二重三重に腹が立つ。これは30万回発着にむけたアリバイだけでしかない。一時間に46回の発着回数というのは人間が住める環境ではない。民家があるのに平然と言う空港会社なんかは潰れてしまえと思う」。

 加瀬勉さん(三里塚反対同盟大地共有委員会<Ⅱ>代表)は、「『日本頑張れ』とキャンペーンがやられている。戦前も同じだった。善意で立ち上がっている人たちが民主党、自民党の翼賛体制に吸い込まれていく。それを阻止するための主体の建設が問われている。かつて原子力船『むつ』を反原発戦線と三里塚戦線の共同闘争で追いかけ、廃船にした。高木仁三郎らは、生涯をかけて原発神話を批判し、三里塚闘争を闘いぬいた。われわれは、過去の闘いを教訓化しながら、現在求められている新しい国際共同行動を展望して取り組んでいかなければならない」と強調した。また一坪共有地の拠点防衛、裁判の取組みと勝利判決をかちとる決意を力強く表明した。

 大森武徳さん(続・木の根の物語プロジェクト)は、「5月から木の根ペンションで生活し、三里塚物産『らっきょう工場』で働いています。三里塚で生活しながら闘っています。子どもの頃、木の根プールで遊んだことがあったが、時間がたって忘れていた。機会があって木の根ペンション、プールの存在を知った。その時のショックをバネにプール再開に取り組んでいる。7月17日のプール開きはぜひ参加してほしい」と呼びかけた。

 集会を中断し、開拓道路にむかってデモに移った。B滑走路が真正面に見える開拓道路から「成田空港30万回発着を中止せよ!東峰住民の追い出しをやめろ!一坪共有地・団結小屋裁判の勝利を!すべての原発を停止せよ!TPPに反対する!」のシュプレヒコールを行った。



一坪共有地・団結小屋裁判の勝利を!



 デモは東峰出荷場に戻り集会を再開。

 平野靖識さん(東峰地区『らっきょう工場』)は、「らっきょうの漬け込みに入っている。福島原発事故の影響で『安全』でしょうかという問い合わせがある。過去のものにさかのぼって安全検査をしているが、多額の検査代を支出せざるをえない。いったい誰が払ってくれるのか」と糾弾。

 さらに「東峰神社の立木が成長している。空港会社は、昨年あたりから神社の屋根を越えたから切ってくれと言ってきている。航空法にもとずいて空港は作らなければならない。木は育っているわけだから、使用する滑走路を短くすればいいだけだ。かつての裁判所の裁定で木が育った場合は協議することになっている。しかし暫定滑走路の見切り供用以降、空港会社はまともな協議を行おうとしない。不誠実な会社を追及し、空港被害の実態を明らかにしていきたい」と発言した。

 渡邊充春さん(関西・三里塚闘争に連帯する会、東峰団結小屋維持会)は、「連帯する会の旗開き(1月30日)では加瀬勉さん、柳川秀夫さんを迎え、あらためて一坪共有地裁判の意義と運動の方向性を確認した。東峰の共有地裁判は、共有地を守り抜くことを前提にして取り組まれている」と報告。また、反空港全国連絡会として新石垣空港設置許可取消訴訟で東京地裁(6月9日)が「沖縄県の環境影響評価(アセスメント)に不備が明白にもかかわらず、地裁は国側に裁量権の逸脱や乱用は認められない」と判断した不当判決を糾弾した。

 山崎宏さん(横堀地区・労活評現闘)が①反原発と三里塚闘争の闘い②空港会社の空港機能拡張計画③一坪共有地裁判の報告と裁判カンパの訴え――などを発言した。

 さらに東水労青年女性部、田んぼくらぶ、成田プロジェクト、安保終了通告の会、高見圭司さんが発言。最後に「団結頑張ろう」でスクラムを確認した。(Y)

【三里塚】一坪共有地裁判 第二次カンパにご協力を

hitotubo一坪共有地裁判 第二次カンパにご協力を
一坪共有地の強奪・団結小屋破壊を許さない

 3月11日に起きた東日本大震災は大津波を伴い甚大な被害をもたらしました。被害に逢われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 今回被害があった東北地方にも多くの一坪共有者がおられ安否が気がかりです。

 福島原発の事故の発生、その後の東電、菅民主党政権の対応のでたらめさはさらに被害を拡大しています。

 また未だに万単位の被災した住民の方々が不便な避難所での生活を余儀なくされています。そうした中で環境の劣悪さ、医療の不備などが原因で高齢者、病気を抱える人たちが亡くなったり、症状を悪化させるという事態が進んでいます。

 何よりも優先しなければならない住民の生命を守るということがないがしろにされているように思われます。

 政府のやっている「復興」とは住民の健康、生活を第一にするのではなく、経済優先の産業復興とそのための基盤整備、社会再編にほかなりません。政府は大企業をはじめとする資本と、それに連なる利害集団のために政策を遂行するという国家の本質が改めて明らかになりました。

 原発の問題にはそれが如実に現れています。国策として進められてきた原発推進の結果、放射性物質の拡散により地元住民を犠牲にし、さらに広範囲に被害が及んでいます。放射能は確実に子どもたちの健康に影響を及ぼします。政府の出した放射線量の規定の根拠など全く信用に値いしないものです。目先の利益のために子どもたちに犠牲を負わせる許しがたい暴挙といえます。

 われわれは国策としての空港建設に反対した歴史の中で国家の本質を知り、その構造、手口を学んできました。裁判所さえもその一角であることを思い知らされてきました。それ故一層裁判闘争で負けるわけにはいきません。

 司法権力を使って一坪共有地を強奪・団結小屋の破壊を目論む空港会社の策動を断固粉砕しなければなりません。裁判の結果は予断を許せません。いかなる結果になろうとも上告審まで闘うことは必至です。

 全国の皆様から寄せられた裁判闘争資金カンパは現在約170万円に達しました。しかし、共有地4件、団結小屋の裁判にかかった費用はすでに200万円近くになり、またニュースレターの発行4回の経費など大幅な赤字となっています。

 地震の被災地に支援のカンパを集中しなければならない折、まことに心苦しい思いですが、裁判闘争勝利のためカンパをお願いします。

    大地共有委員会(Ⅱ)

   一口:2000円

連絡先:〒289―1601 
千葉県山武郡芝山町香山新田131―4 
電話&fax0479―78―0039
振替口座:00290―1―100426 大地共有委員会(Ⅱ)

木の根プール再開へ 7月17日プール開きに集まろう

kininepool【大地共有委員会ニュースレター5号(発行:三里塚芝山連合空港反対同盟大地共有委員会(Ⅱ))から転載】
 

木の根プール再開へ
7月17日プール開きに集まろう
 
大森武徳(続・木の根物語プロジェクト)

 
 「続・木の根物語プロジェクト」です。木の根プール再開を一つの目標に昨年夏に始めました。昨年から数人で水抜き・泥かき作業などを続けてきました。今年に入ってから、皆さんのおかげで作業も大分進んできました。

 4月30日~5月2日には10人が参加して集中作業を行い、木の根ペンション裏に重機を入れて、古くなって傾いていた脱衣室の解体、プール周辺の整地、草刈、雑木の除去、はしごの錆び落としなどを行いました。強風でしたが、作業は順調に進み、プールの周り、ペンションの前と裏はきれいになりました。

 5月14~15日にはプール内側のクラック補修、伐採した雑木での薪作り、産廃の分別、鉄くず搬送、2棟あったポンプ小屋とタンクの撤去を行いました。残ったポンプは小さな覆いを作って覆っています。

 今後の作業として、プール底のブラシかけ、産廃の選別・搬送、ポンプ小屋の基礎の撤去、伐採した木の根の撤去作業を予定しています。

 多くの皆さんから、プール再開カンパをいただきました。ありがとうございます。いただいたカンパはプールの内装などに使います。

 木の根は三里塚闘争の原点。東峰・天神峰が騒音問題で厳しい闘いを強いられる中で、木の根は少しほっとできる場所にしたい。空港に囲まれてはいるが、肩身を狭くする必要はない。ゆっくりできて、なおかつ三里塚闘争の今がわかる場所。そういう場所作りをしていきたい。私は9・16、3・26を戦った先輩たちには遠く及びませんが、木の根で生活して何か残せるものがあればいいなと思っています。

 7月17日のプール開きではイベント、ミニライブなどを考えています。続・木の根物語プロジェクトではプール開きに向けて、ほぼ毎週の作業、6月25~26日午前にはプール開きのスタッフ会議と作業を予定しています。ぜひ木の根に集まってください。



 【連絡先】
〒286―0105
千葉県成田市木の根字西口296―3 木の根ペンション内 続・木の根物語プロジェクト 
℡090―4595―6612

報告 5.28成田プロジェクト「空港と原発―巨大科学技術を考える」集い

np 5月28日、成田プロジェクト(いま成田空港で何が起きているのかプロジェクト)は、「空港と原発―巨大科学技術を考える」集いを行い、90人が参加した。

 成田プロジェクトは、成田空港会社による平行滑走路供用による周辺住民への人権・環境破壊の強化をストップしていくために浅井真由美さん(『労働情報』編集長)、大野和興さん(地球的課題の実験村共同代表)、梶川凉子さん(成田バスツアーの会)、鎌田慧さん(ルポライター)、白川真澄さん(『ピープルズ・プラン』編集長)、高木久仁子さん、高橋千代司さん(三里塚一坪共有者)、中里英章さん(成田バスツアーの会)の呼びかけで2009年4月にスタートした。①三里塚農民との交流②成田空港B滑走路による人権・生存権や環境、安全性の問題点③航空機事故、騒音・低周波被害、環境汚染、グローバル社会のなかでの空港などの学習会を行ってきた。

 すでに三里塚の東峰地区では、成田空港会社の30万回発着計画のもとにジェット旅客機が90~100デシベルの大騒音をまき散らしながら頭上40メートルを1分半~2分間隔でB滑走路南端を着陸しているという深刻な人権・環境破壊が拡大していた。また、空港会社は、空港拡張政策を継続し強権的に一坪共有地や団結小屋裁判を通して強奪しようと狙っていた。

 2月時点では「成田空港 騒音問題と一坪共有地を考える」というテーマで集会準備をすすめていたが、3・11東日本大震災による多数の死者と被害の発生とともに福島第一原発事故の甚大な被害が拡大している事態に直面し、急遽、成田空港問題とともに巨大な科学技術が民衆に何をもたらし、今後どうなるのかを探っていく場として再設定した。

成田空港会社のウソと居直りを許さない!

 開催あいさつが中里さんから行われ成田プロジェクトの活動報告を行った。とりわけ服部良一衆院議員(社民党)の協力で政府に東峰地区の騒音公害を中心にした「成田国際空港周辺地区の騒音問題に関する質問主意書」(3月4日)を提出したことを紹介。その答弁が3月15日に出たが、東峰地区を「成田空港の範囲内に存する地域であることから、空港会社は、成田会社法第五条第一項第四号二の規定に基づく事業としての航空機騒音の測定は実施していないと承知している」などと言い放ち、「話合いによる解決を目指す方針に変わりない」とウソを繰り返し、東峰地区住民の人権侵害を強行していることを厳しく批判した。

 伴英幸さん(原子力資料情報室共同代表)は、「福島原発で何が起きたか」というテーマで福島第一原発の使用済み燃料冷却材喪失事故、水素爆発、炉心溶融へのプロセスを明らかにし、①原発震災その時何が起きたか②各地の空間線量の変化③第一原発の今④過酷な被曝労働などについて分析した。

 そのうえで「原発推進派は、事故は一千万分の一の確率だから安全が保たれると言ってきた。だが現実に事故が起きて巨大な被害が発生している。放射能拡散と汚染が長期に続く。セシウムの半減期は30年だ。60年で4分の1。90年で8分の1というようになかなか減らない。福島の事態はその一端を示している」とまとめ、脱原発を訴えた。

 平野靖識さん(地球的課題の実験村)は、成田空港・東峰と平行滑走路問題について東峰地区で「らっきょう工場」を営む立場から報告。

 成田空港問題シンポジウム(1991年)、円卓会議(1993年)を通した隅谷調査団最終氏所見の「今後は計画予定地および騒音化住民との合意を形成しながら進めること」をことごとく破ってきた経緯を紹介。黒野空港会社社長にいたっては「反省とお詫び」(2005年5月)を明らかにしたにもかかわらず平行滑走路供用を強行していったことを批判した。

 さらに住民の平和的イニシアチブの重要性を強調し「三里塚の農民は農の持つ循環の価値に着目して非循環の工業の消費文明にオルタナティヴな発信もしている。地域の合意なくしては進めないとする大規模開発の手法は『成田方式』と言われ、日本の各地で採用されつつある。しかし当の成田・三里塚ではその精神が見失われている。これが成田の地で実現するまでわたちたちの異議申し立ては続く」と発言した。

 鎌田 慧さん(ドキュメンタリー作家)は、「巨大科学技術の時代」について講演し、アメリカの核戦力と商業利用の一環として進めてきた歴史や巨額なカネを投入してきた買収構造、利権システムを批判し、原発をつぶすプランを創っていこうと呼びかけた(発言要旨・別掲)

パネルディスカッション

 集いの後半は、パネルディスカッション。司会は大野和興(農業ジャーナリスト)さん、三里塚現地から柳川秀夫さん(三里塚の農民)、石井紀子さん(三里塚・東峰の農民)が加わり、鎌田慧さん、伴英幸さん、平野靖識さんとともに行われた。

 柳川さんは、「現在、共有地裁判を行っているが『和解』するつもりはないし、闘いは続けていくことを宣言しておく。原発事故被害だが、ほうれん草、お茶などが汚染の被害を受けている。汚染しているお茶を市場に出すことはできない。今後は、自分で作ったお茶が飲めなくなってしまった。だから福島の人々の気持はよくわかる。人生、生活すべて断絶されてしまったとしみじみ思う。経済成長優先でやってきた結果だ。温暖化、原発事故は必至だった。限界がはっきりしているのだから大きな転換をしていかなければならない。自然界と共存していくことだ」と強調した。

 石井さんは、「無農薬・有機栽培を産直を三六年間続けてきた。ワンパックを営んできた。しかし今回の福島原発事故によって、これまで畑に化学物質を使ってこなかったにもかかわらず、一瞬で破壊されてしまった。一時は絶望的になったが、とても怒っている。多古町で汚染されたほうれん草が問題となったが、私たちは少しでも洗って出荷し続けた。避難所にも洗って出荷している。基準値を超えていないが、日々、不安な状態が続いている。天災はしょうがないけど原発事故は人災だ。野菜の力と人々とのつながりを信じてやっていきたい」と結んだ。

 質疑応答に入り反原発・生産者からのアプローチ、放射能拡散と測定活動、被曝問題、原発産業と下請け構造についてなどの意見交換が行われた。

 ディスカッションの最後に鎌田さんは、「福島原発事故で忘れられたのが沖縄・辺野古の米軍新基地問題だ。沖縄の闘いも非暴力抵抗闘争で積み上げられてきた。三里塚闘争も実力闘争を行ってきた。そのような闘いを継承し、膨大な民衆のうねりによって政府に原発廃止をつきつけていくような闘争を実現していこう。9月19日に私も含めて大江健三郎さん、坂本龍一さん、澤地久恵さんなどの呼びかけで明治公園で集会を行う。各地で集会を行い、結びつけ国会を包囲していく闘いをやっていこう」と呼びかけた。(Y)

 
鎌田 慧さん(ドキュメンタリー作家)の講演要旨

 
kamata satoshi 成田空港の決定プロセスは、地元に相談もせずきわめて非民主主義的だった。農民は自民党政府の非条理なやり方に立ち向かった。多くの人々から共感を呼び、今でも空港の中に民家が存在している。人間を無視している空港が実態だ。

 原発は大きく破綻した。それでも政策決定者から「原発を止めよう」という声が出てこない。この構造は何か。決定者たちは、都市に住んでいて原発から離れているということがある。身の危険を感じていないのだ。原発設置場所はほとんどが過疎地、人口が少ないから政府は許可してきた。しかし数十キロ周辺には人口過密地域が存在し、福島原発事故でもわかるように被害地域が拡大してしまっている。杜撰な計算で原発を乱立させてきたのだ。

 原発は非民主主義的な存在だと言ってきた。初めからカネで出発した事業だ。1954年、アメリカの原発政策を中曽根康弘が中心になって電力資本とともに推し進めてきた。余った核燃料を原発に使い世界を支配していこうという政策だ。核の平和利用などとコマーシャルするほどだった。自民党政府は、巨額な核・原発開発予算を積み上げてきた。建設地にカネをばらまいて広げていった。56年に日本原子力産業会議を発足させ、財閥系とともに原発推進態勢を本格化させた。同時に、電力資本の独占体制を作り上げ膨大なカネを投入し、宣伝活動も広範囲に行った。マスコミも買収された。これが日本の核政策、核文化だったのだ。

 福島原発の事故後、御用学者たちが登場してきた。エリートの末路を現している。技術が私物化されてきた実態を露呈した。さらに官僚たちの電力資本への膨大な天下り構造が増殖されてきた実態も明らかになった。巨額なカネで買収され、まったくモラルがない。原発をつぶしていくプランを砕いて木に出していくことが今後の課題だ。

【案内】6.26三里塚・東峰現地行動

 6.26三里塚・東峰現地行動 

日時:6月26日(日)/集会:午後1:30/デモは開拓道路コース

会場:東峰共同出荷場

会場への行き方:京成東成田駅地上 午後12:40に集合 迎え車待機

主催:三里塚空港に反対する連絡会
〒289-1601 千葉県山武郡芝山町香山新田131-4 電話&fax0479-78-0039

京成電鉄

上野駅特急 10:50発→成田駅11:57着 成田駅乗り換え芝山千代田行12:06発→東成田12:12着 (帰りも車に分乗して東成田駅へ)


成田空港30万回発着を中止せよ!航空機騒音拡大・環境破壊を許さない!東峰住民の追い出しをやめろ!一坪共有地・団結小屋裁判の勝利を!すべての原発を停止せよ!TPPに反対する!


manifすべての原発を停止せよ!

 東日本大震災は巨大な津波により、大きな人的被害をもたらし、いまだにその人数が判らないという悲惨な状況である。また、津波によって福島原発の重大な事故が起きた。これはまさに天災によって引き起こされたとは言え、この原因は、100%人災と言ってよい。そもそも「原子力のエネルギーを利用する」ということ事態、人間の思い上がりである。その危険性は最初から指摘され、多くの人々が原発に反対してきた。その闘いを国家権力の暴力とカネの力で圧殺し、しゃにむに建設を進めてきた結果が今起こっている事態である。千葉県下でも放射能物質の飛散により野菜出荷ができなくなったところが出ている。

 原子力行政を進めてきた歴代自民党政権、財界、官僚、政権について原発抑制から大きく推進に舵を切った菅民主党政府も重大な責任がある。民主党政権は経済政策の大きな柱として原発の輸出を据え、ベトナム等への売り込みを行ってきた。経済至上主義のもと国内のみならず外国にまでその危険なエネルギー政策を拡大させようとしていた。

 原発の維持のためには多くの労働者が犠牲になっていることも見逃してはならない。被曝を伴う危険な作業は東電の下請け、孫受請け企業の労働者が従事させられ、実際に命を奪われたり、今後現れてくるであろう被曝による健康上の問題にさいなまれている。今回の事故でも労働者は極限状態の中で復旧作業に従事している。

 自らの飽くなき利潤の追及のために労働者、住民を犠牲にしてはばからない支配者階級を許してはならない。すべての原発を停止せよ!

成田空港30万回発着を中止せよ!

 成田空港は建設当初から住民の意志を無視して一方的に位置決定し、反対する農民に対して有無を言わせずに国家権力の暴力装置機動隊を使って強権的に建設を進めてきた。農地を守り、生活を守る農民とそれを支援する全国の労働者、学生、市民の闘いにより、45年たっても未だに完成することのない空港として存在している。

 成田空港は、アジア諸国の国際空港の整備や羽田空港の国際化が推進され、「アジアのハブ空港としての成田」という目標を実現する上で大きく立ち遅れてしまった。

 首都圏からのアクセスの悪さ、内陸空港ゆえに24時間使用できないという決定的なマイナス要件を抱え、焦る成田空港は年間30万回(現在22万回)発着を目指し、さまざまな策動を行っている。昨年10月、騒音区域の拡大により騒音被害やその補償に不安を抱く住民の反対を押し切って周辺自治体と30万回発着合合意を取り付けた。

 また、新たに平行(B)滑走路の西側に誘導路を建設しようとしている。これによって東峰・天神峰住民は完全に四方を誘導路、滑走路で囲い込まれ、これまで以上の騒音と排気ガスにさいなまれることになる。

 成田国際空港会社は格安航空会社の参入をはかるために専用ターミナルを建設しようとしている。

一坪共有地・団結小屋裁判の勝利を!

 空港会社は現在の空港施設の拡張を図るために、用地内に点在する一坪共有地の強奪を目論み、裁判によって土地を取り上げようと横堀、木の根、東峰の6カ所の共有地の金銭による明け渡しを求める訴訟を2009年9月、千葉地裁に起こした。また、共有運動の現地拠点となっている団結小屋の撤去を求める訴訟も地主を原告として起こさせた。

 共有地裁判は2月、3月と反対同盟・共有者側の証人尋問が行われ、空港会社側の不当性、共有運動の意義などが明らかにされた。裁判は6月に最終意見陳述が行われ、結審を迎える。空港反対、農民追い出しを許さない!裁判闘争に勝利を!

用地内農民と連帯し、6.26三里塚・東峰現地行動に結集して闘い抜こう!農業破壊のTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に反対する!

:::::::::::

木の根プール開き準備スタッフ会議
続・木の根物語プロジェクト
プール開きは7月17~18日を予定━
木の根プール開き準備スタッフ会議
6月25日(土)夜。木の根ペンション
木の根プール再開作業
6月26日(日)午前10時
【木の根ペンションへの行き方/連絡先】
京成電鉄東成田駅徒歩5分 成田市木の根宇西口296-3 
TEL:090-4595-6612

【案内】5.28成田プロジェクト「空港と原発―巨大科学技術を考える」

narita 5.28成田プロジェクト

 「空港と原発巨大科学技術を考える」
 講 演 巨大科学技術の時代…………鎌田 慧(ドキュメンタリー作家)

 報告1 福島原発で何が起きたか……伴 英幸(原子力資料情報室共同代表)

 報告2 騒音直下の東峰から…………平野靖識(地球的課題の実験村)

 パネルディスカッション/司会 大野和興(農業ジャーナリスト)/鎌田 慧、伴 英幸、平野靖識、柳川秀夫(三里塚の農民)、石井紀子(三里塚・東峰の農民)

日時:528日(土)/開会200(開場130) 閉会450

会場:コア・いけぶくろ(豊島区民センター) 5階・音楽室(JR山手線池袋駅東口下車 徒歩約5分)/資料代:500

主催:成田プロジェクト 電話 03-3818-1835 ファクス 03-3818-9312 メール narita-pj@pen.co.jp
 

 「いま成田空港で何が起きているのかプロジェクト」(成田プロジェクト)は、来る5月28日に「空港と原発──巨大科学技術を考える」というテーマの集会を行います。

 当初は「成田空港 騒音問題と一坪共有地を考える」というテーマで集会準備をすすめていました。三里塚の東峰地区では、巨大なジェット旅客機が90100デシベルの大騒音をまき散らしながら、農家の頭上わずか40メートルを1分半~2分間隔で舞い降りてきています。そして、成田国際空港会社は強権的に一坪用地を巻き上げようとしているからです。

fukushima4 ところが311東北大震災による多数の死者とたいへんな被害の発生。さらに福島第一原発(16号炉)と第二原発(14機号炉)では炉心溶融、使用済み燃料冷却材喪失事故、水素爆発など予断を許さない危機的状況が続くなか、成田空港問題とともに深刻な原発事故についても考え、巨大な科学技術が私たちに何をもたらしているのかを見つめ直し、これからの未来を考えていくことになりました。

 成田プロジェクトは、二〇〇九年四月にスタートし、成田空港=三里塚問題にこだわりつづける浅井真由美さん(『労働情報』編集長)、大野和興さん(地球的課題の実験村共同代表)、梶川凉子さん(成田バスツアーの会)、鎌田慧さん(ルポライター)、白川真澄さん(『ピープルズ・プラン』編集長)、高木久仁子さん、高橋千代司さん(三里塚一坪共有者)、中里英章さん(成田バスツアーの会)が呼びかけました。三里塚農民との交流成田空港B滑走路による人権・生存権や環境、安全性の問題点航空機事故、騒音・低周波被害、環境汚染、グローバル社会のなかでの空港などの学習会を行ってきました。

 呼びかけ人の鎌田さんは、「青森の六ヶ所村にも通ったが『過激派』を入れると三里塚のようになってしまうとキャンペーンをやられ、住民間で分断しあっていった。延伸されたB滑走路が供用されるが、ジャンボジェット機の轟音はすさまじい。島村家に対して『死ね』というものだ。人道問題として空港会社の暴挙を許してはならない」(〇九年九月/映画『三里塚 第二砦の人々』上映&トーク」)と訴えてきました。

 今回の福島原発事故に対しても、「原発ほどカネで人心を惑わす汚い事業はないですよ。危ない物は1基でも2基でも同じと、地元は次々に受け入れる。毒まんじゅうです」と原発体制によって引き起こされる問題点を批判しています(毎日新聞・特集ワイド/11年4月28日)。

 
さらに「原発反対と書き続けながら大事故を防げなかった。僕も切迫感が足りなかった」と自戒をこめながら反原発運動の取組みに奮闘していく決意を述べています。

 鎌田さんのアピールを受け止めつつ、ともに人権・生存権破壊を許さない取組みを加速させていきましょう。(Y)

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ