独島展示 6月30日、「明治150年と領土問題~真実の歴史を見つめ直す~」集会(主催:実行委員会、「竹島の日」を考え直す会)が連合会館で行われた。

 安倍政権は、「明治150年」関連施策各府省庁連絡会議/内閣官房「明治150年」関連施策推進室を設置し、「明治以降の歩みを次世代に遺すことや、明治の精神に学び、日本の強みを再認識することは、大変重要なことです」などと称して、中央・各地で「明治150年」賛美キャンペーンを繰り広げている。明治政権の侵略主義と排外主義の歴史を正当化し、居直りながら「北方領土」、「竹島」、「尖閣諸島」を「固有の領土」とでっち上げ続けている。すでに小学校の社会科・中学校の地理・公民・歴史において歴史の偽造教育も行っている。連動して内閣官房領土・主権対策企画調整室は、「領土・主権展示館」(市政会館)を常設し、竹島と尖閣諸島の関連資料を展示し、子どもをターゲットにした「じゆうちょう」(竹島と尖閣諸島の塗り絵)も配布するほどだ。

 このような「領土ナショナリズム」キャンペーンを許さず、史実にもとずく反論陣形を作り出していくために集会が行われた。

 趙吉夫さん(「竹島の日」を考え直す会・代表)から主催者あいさつが行われ、「この会は、けっして反日でも、嫌日でもない。3月の大阪集会では、初めてヘイトスピーチの妨害があった。接近したが、『出ていけ』『よその国に来てウソをつくな』などと話にならない。真実を学習していくのが苦しくなってきている。安倍総理大臣になってから、とくにそのように感じるのは、僕だけでしようか。『領土・主権展示館』に行ってきましたが、『相手国の主張も明示されたらいかがでしょうか』とアンケートに答えておいた。日本の主張は真実ではない」と強調した。

 李相模さん(韓国慶尚北道 独島財団代表理事)は連帯あいさつを行い、「今日のように一緒にセミナーができて嬉しいです。南北会談、米朝会談が行われた。戦争が終る流れだ。戦争は嫌いだし、平和が大事だ。東アジアの流れは平和の時代になればいいし、人々によって作ることもできる。一緒に作り上げていこう」と訴えた。

 黒田伊彦さん(「竹島の日」を考え直す会副代表)は、「明治150年の侵略思想と竹島・独島問題」をテーマに講演。

 黒田さんは、
①侵略と差別の明治150年史観を撃つ
②吉田松陰の海外膨張・侵略
主義と坂本龍馬の竹島開拓策動
③国権に対置する民権力としての米騒動100年
④朝
鮮の植民地化のさきがけとしての独島(リアンクール岩)の強奪
⑤侵略思想を克
服するために、福沢諭吉を1万円札から追放する民衆運動を!について提起。

 さらに黒田さんは5月に韓国の中学生3人が島根県の中学校五六校に竹島教育批判の手紙を送ったことを報告し、「日本政府の竹島見解を書かせた国定教科書によって思想統一を図ろうとしている。国策に都合の悪い情報として、

①江戸時代
の竹島は朝鮮領との認識
②日本は無関係という太政官指令
③日露戦争時の竹島・
独島強奪

など隠蔽して情報操作している。『固有の領土論、不法占拠』の一方的
決めつけは『敵』意識を扇動し、在日韓国人児童・生徒と日本人生徒を分断・対立させ『いじめ』を生む危険性を持っている」と批判した。
 
 久保井規夫さん(「竹島の日」を考え直す会理事長)は、「領土問題は明治に生じる~『固有の領土』論の破綻 長久保赤水、林子平、松浦四郎たちと領土問題」というテーマで会場の机に「幕末・維新の地理学者と領土問題史料」を展示した。久保井さんは、長久保赤水、林子平、松浦四郎が作った地図等について説明し、日本政府の竹島=固有の領土規定を反論した。
 
 パネル討論では増田都子さんが「高校学習指導要領の改訂と領土問題」、国富建治さんが「政府の『領土・主権展示館』批判」―それぞれ問題提起。質疑応答を行い、論議を深めた。今後も日本政府の「明治150年キャンペーン」「領土ナショナリズム」の展開を監視し、具体的な史実に基づく批判を共に行っていくことを確認した。

(Y)