配信:共謀罪6月15日、共謀罪廃止のための連絡会は、星陵会館で「強行採決から1年!やっぱり共謀罪はいらない」集会を行い、300人が参加した。

 安倍政権は、グローバル派兵国家建設にむけて特定秘密保護法(2013年12月)、盗聴やえん罪生産の司法取引の導入などの刑事訴訟法等改悪(16年5月)を制定し、治安弾圧強化の総仕上げとして近代法の既遂処罰原則を否定する共謀罪(17年5月/改正組織犯罪処罰法)を強行成立させた。いずれも全国各地で反対運動が取り組まれ、果敢に闘い抜かれた。

 共謀罪施行後、安倍政権は同法違反での逮捕、起訴件数は現時点でゼロ件だとする答弁書を決定し(17年11月14日)、その後も法務委員会で野党の質問に対して「現状では把握しているかぎりではゼロ件である」と表明している。しかし、警察庁は、全国の都道府県警に「同法の捜査は警察本部の指揮で行う」(17年6月23日)と全国通達し、初適用に向けてターゲットの絞り込み、行動確認を蓄積中だ。公安政治警察は、「公共の安全と秩序の維持」と称して市民監視を日常的に行い、弾圧してきた。一九年の天皇代替わり、大阪G20サミット首脳会議、2020年の東京五輪を見据えて治安弾圧体制の強化をねらっている。全国の力で共謀罪適用を許さず、廃案をめざそう。

 集会は芹沢斉さん(自由人権協会)の主催者あいさつで始まり、共謀罪制定後の状況を整理し、廃案に向けた取り組みを粘り強く行っていこうと訴えた。

 政党のあいさつでは福島みずほ参議院議員(社民党)、松田功衆院議員(立憲民主党)、藤野保史衆議院議員(共産党)が発言し、共謀罪運用と初適用阻止に向けて共に闘っていこうと決意表明。

 MilK(弥勒)が歌によって共謀罪廃止と沖縄連帯をアピール。

 海渡雄一さん(共謀罪対策弁護団)は、「憲法・国際人権法から共謀罪を考える」をテーマに①共謀罪反対運動が明らかにした共謀罪の危険性とプライバシーの危機②成立した共謀罪には、濫用の危険が残っている③共謀罪の捜査によるプライバシー侵害の危険性が著しく高まる④政府は国連特別報告者や自由権規約委員会などの指摘に答えるべきである⑤共謀罪を廃しするための運動の課題⑥国連組織犯罪防止条約と共謀罪について提起。

 さらに共謀罪廃止法案(17年12月、立憲民主、共産、自由、社民、衆院会派「無所属の会」が衆院に共同提出。参議院においても提案準備中)の取り組みを紹介し、「このような廃止運動の存在とその活動そのものが、法の濫用の歯止めとなり、政権が交代したときには法の廃止を実現できる担保・根拠となる」と強調した。

 連動して市民のプライバシー情報を集めているIT企業が警察の捜査にどのよ
うな基準でどれだけの情報を提供しているのかを自ら公表する「透明性レポート」の取り組みの重要性を報告し、「IT企業に『透明性レポート』の公表について13社に質問アンケートをした。5月末までに五社から回答があり、LINE、グーグル、アップルはすでに『透明性レポート』を公表し、ヤフーが「検討中」。し
かしソフトバンク、KDDI、NTTドコモなど八社は二度のアンケート要請にも回答がなかった。警察に協力し、市民のプライバシー保護を否定する姿勢だ」と批判した。

 ゲストの斉藤貴男さん(ジャーナリスト)は、「共謀罪と監視社会」をテーマに、「共謀罪の疑いで逮捕された人はまだいない。しかしそれは権力が逮捕しなかったにすぎない。恣意的判断で逮捕できる状況は変わっていない。今月から他人の罪を密告すれば自分の罪を軽くできる司法取引制度も始まっている。全ての動きは連動している」と警鐘乱打した。

 岩崎貞明さん(日本マスコミ文化情報労組会議事務局長)、篠田博之さん(日本ベンクラブ言論表現委員会副委員長)、大江京子さん(戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会)から共謀罪反対運動の連帯発言を行った。

 最後に纐纈美千世さん(日本消費者連盟)が閉会あいさつを行い、「廃止運動の取り組みの強化を押し進めよう」と訴えた。

(Y)