IMG_2017 八月一七日午後四時から、参議院議員会館行動で「島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどい」が文子おばぁを迎えよう!実行委の主催で行われ、メイン会場が一杯で入りきれず、サブ会場を含めて五〇〇人が参加し、文子おばぁの講演を熱心に聞いた。

 八八歳になる文子おばぁは、「ダイナマイトを持って、国会に行きたい」と日ごろ語っている。命をかけて安倍政権と対峙している文子おばぁの話を聞いた。

 『戦場ぬ止み』(三上智恵監督作品)の短縮版が上映された。一五歳の時、母と弟と三人で逃れるなか、沖縄戦の糸満の壕で米軍の火炎放射器で焼かれた。キャンプ・シュワブ前で、トラックを命がけで止める文子おばぁの闘いの姿が映し出された。続いて参加した国会議員からのあいさつと沖縄出身の国会議員からのメッセージが行われた。

 第一部 島袋文子さんの講演。三上監督が話を聞いた。

 安倍晋三に会いたい。総理になって良いことはひとつもない。美しい日本、命や財産を守ると言うが、その反面やっていることは皆殺しをするような戦争のできる国を作ろうとしている。自衛隊員の命も安倍の命も同じ。命の予備を持っている人はいない。

 私は七〇年前に一度は死んだ。一五歳の時、目の見えない母と一〇歳の弟で逃げ回った。食べるものがない。水がない。人間が浮かんでいる水を飲んだ。夜飲んだから人間が浮かんでいるか分からなかった。日本は勝っていると思っていた。住民を追い出して、日本兵が壕に入った。日本兵が助けに来てくれると思っていたのに沖縄住民を殺した。軍曹が二等兵をいじめて殺した。味方を殺すのが日本兵だ。誰が戦争を起こしたのか問いたい。戦争はダメだ。基地はどこにおいてもいけない。

 北朝鮮からのミサイル。戦争は予告できない。落ちてきたらどう守れるか。安倍の甘い言葉に乗ってはいけない。

 二度と戦争を起こしてはいけない。命をかけて、ゲート前に座っている。小指五針ぬった。頭を打って救急車で運ばれた。八八歳だが生きながらえて基地建設を止める。

 辺野古の最新情報。ゲート前たいへんだ。機動隊にごぼう抜きにされる。無抵抗で闘っているが機動隊は逮捕する。山城博治さんの逮捕は共謀罪のさきがけだ。座り込みで歌ったり踊ったりできるのは沖縄の住民だからだ。沖縄戦の結果、負けない意思が強い。海の産物によって飢えをしのいだ。その命の海を埋めるのは許されない。負けない、がんばる。

 本土の人が応援してくれているがまだまだ足りない。力を貸して下さい。沖縄だけではなく、本土が沖縄になる。沖縄の基地がなくなれば本土の基地もなくなる。辺野古に来てください。若い人、力を貸して下さい。(発言要旨、文責編集部)

 第二部。自由の森学園高校(埼玉県飯能市)の男女二人と文子さんの話。

 A高校生、「中三の時、修学旅行で沖縄に行った。ガマの中に入った。文子さんは『命の恩人はアメリカだ』と言われましたが心からそう思っているのですか」。

 文子おばぁ、「本心ですよ。日本軍は住民追い出して奥に隠れた。小さな子ども連れていた。暗いから子どもが泣く。親はタオルで子どもを殺した。日本兵が見せしめで子どもを奪って殺した。親がものを言えば、自分が殺されるという状況で、弾に当たってもいいからと言って、親子でガマを出て行った。胸がつまって苦しい。二度と戦争をさせてはいけない。戦争のことを考えると苦しくて夜も眠れない。死人の上をまたいで歩いて生き延びてきた」。

 B高校生、「北朝鮮がミサイル打ってきたら、民間人、手を出せない。自衛隊は必要なのか。ぼくたちは何をすべきと考えますか」。

 文子おばぁ、「私も分からない。ミサイルがどこに落ちるのか、命が助かるのか分からない。自衛隊は軍隊だ」。
IMG_2036 B高校生、「ヒッチハイクで女川に行った。ガマにも行った。自分の目で見ることが大切だ。辺野古に行ってみたい。無知なんだと思う。話し合って興味を持って調べていく」。

 A高校生、「話を聞いて、戦争が現実のことと感じた。本当に自分のこととしてとらえていたのか、もう一回沖縄に行きたい」。

 文子おばぁ、「七二年前の戦争、教えられないのが悲しい。みんな笑って暮らしたいものだ」。

 文子おばぁの話が終われると会場は長い拍手で、話に応えた。この後、六時過ぎから官邸前で、文子おばぁが安倍首相に向かって、「一二〇歳まで生きて基地を止める。基地を作らないで」と声をかぎりに訴えた。

(M)