沖縄報告2017.6.24の本文はこちらから

辺野古・大浦湾埋め立てに反対するシンポジウム「大浦湾は誰のもの?」。
講師の熊本一規教授と西銘仁正さん

18

今年「平和の礎」に名前が刻まれた韓国の15人の碑の前で、ささやかな追悼会
20

ゲート前座り込みに参加した大阪府堺市の人々。「辺野古の諦めない闘いに力を得た」
21

ゲート前座り込み。機動隊の「ゴボー抜き」に備えて、ガッチリとスクラムを組む。
21

ダンプの荷台に積まれているのは、護岸工事用の捨石。石というより大きな岩だ。
21

ガマフヤー主催のDNA鑑定を求める集会に参加した韓国太平洋戦争被害者補償推進協議会のイ・ヒジャ共同代表
22

国際反戦沖縄集会。国際女性ネットワーク会議に参加の韓国の人々が横断幕を掲げる。「海を越えた友情と連帯―私たちは共に立ち上がる、声をあげる、軍事主義に抵抗する」
23

瀬嵩の浜一面を紫色に染めて咲くグンバイヒルガオ
24

海上パレード。カヌー22艇、抗議船4隻が瀬嵩の浜に向かって「ジュゴンを救え」とアピール
24

ゲート前座り込み集会。「軍事主義を許さない国際女性ネットワーク会議」の海外代表が高里鈴代さん、糸数慶子さんと共に参加し連帯を訴え。
24。

ゲート前行動が長引き、テントの中で遅い昼食をとる参加者
24

沖縄の美ら海と平和を守る座り込みを強制排除する機動隊員は何を考えているのか。
24