配信/ヤスクニ 8月13日、「2016 平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動―戦争法の時代と東アジア」(主催:実行委員会)が韓国YMCA・スペースYで行われ、350人が参加した。

 キャンドル行動実は、2006年に結成し、「①靖国神社の歴史認識が、再び戦争のできる国へと右旋回する日本の現状と直結している。 ②韓国・台湾・沖縄・日本の遺族に断りもなく合祀していることは許さない。 ③首相の靖国参拝は憲法が定めた政教分離原則に違反する。 これらの点を「ヤスクニの闇」として切り結ぶ共同行動に取り組みます」を確認し、これまで毎年夏に「一人一人がキャンドルの灯をともし、ヤスクニに象徴される日本の闇を照らしながら、 日本・アジア、そして世界の平和実現のために行動」してきた。共同代表は、今村嗣夫、内田雅敏、金城実、東海林勤、菅原龍憲、鈴木伶子、辻子実、徐 勝、新倉修、服部良一、高金素梅、蕭惠美、史亞山、陳政宗、李海学、李錫兌、李熙子さん。

 安倍政権は、11月に陸上自衛隊を南スーダンに国連平和維持活動(PKO)として派兵する。3月に戦争法施行を強行し、交代部隊に「駆け付け警護」と、他国軍と共同で拠点を守る「宿営地の共同防護」の任務を付与し、「人を殺し、殺される」軍隊の構築に向けて派遣準備命令を出し、訓練を開始する。改憲を射程にして沖縄・辺野古新基地と高江ヘリパッド建設反対運動に弾圧し、グローバル戦争の参戦化にむけて日米安保体制のレベルアップに着手している。

 この事態に対して実行委は、「『戦死者』が出る可能性も排除できません。その時に、必ず、「戦死者」の追悼、顕彰を許し、さらに自衛隊の「海外任務」拡大への道を歩ませるか、それとも、自衛隊にそのような任務を強いた責任を追及し、戦争法発動に対する批判世論を形成するのか、が問われてきます」と設定し、戦争賛美の靖国神社の利用を許さず、改憲と戦争反対運動の強化にむけて集会とデモを行った。

 開催あいさつが今村嗣夫さんから行われ、「自衛官や予備自衛官が戦死した場合の処遇はどうするか、ヤスクニに合祀するのか―それは法律で定まっていない。しかし、安倍首相や靖国神社を参拝する国会議員たちは、今後、相当の時間をかけて、これまでの九条の平和主義の精神を立て直し、戦争のできる国の国民にすることにある。平和憲法改正を目指す権力に、とことん抵抗するキャンドル行動を力強く推し進めよう」と訴えた。

 シンポジウム「戦争法の時代と東アジア―『戦死者』とヤスクニ―」では、以下のように報告された。

 高橋哲哉さん(東京大学)は、「安保法制から安保体制へ 安倍政権下の日本で問われること」というテーマから「安保解消の運動は、沖縄の闘いにおんぶするのではなく、本土でこそ勝負して、決着をつけなればならない。日米安保体制は、朝鮮戦争休戦以来、一貫して朝鮮半島有事に向けた軍事同盟であり、東アジアに対する米軍支配のための体制だ。日本の政治と市民運動は、日本国憲法九条を堅持し、歴史問題・領土問題等の懸案を、徹底して平和的な手段で、粘り強い対話と外交を通して解決するよう努力しなければならない」と強調した。

 金敏喆さん(韓国民族問題研究所責任研究員)は、「揺れ動く東北アジア、米日韓国軍事同盟体制」を提起。とりわけ「靖国問題解決のための一つの実践として国際化戦略」について提示し、「人権というキーワードを中心に、国際的な世論をつくる実践を一緒に行っていこう」と呼びかけた。

 新垣毅さん(琉球新報東京支局報道部長)は、「戦争法下の沖縄―踏みにじられる琉球の自己決定権)」というテーマから①沖縄の植民地化と自己決定権②自己決定権と新安保体制③沖縄の論理と東アジアの平和―を報告。

 さらに「自ら東アジアの平和構想と基地返還行動計画を策定し、それに伴う国際機関立地などの軍事基地の跡地利用を提起すれば、日本国のみならず、国際社会から理解を得る『道義』は十分ある。それには、自己決定権の拡大が不可欠だ。辺野古新基地建設阻止は、その第一歩だ」と訴えた。

 被害者証言では、山本博樹さん(日本)、朴南順さん(韓国)、李熙子さん(韓国)から靖国神社や日本政府を厳しく批判した。

 連帯あいさつとして日本軍「慰安婦」問題解決全国行動、戦争をさせない1000人委員会、日本国際ボランティアセンター、沖縄・一坪反戦地主会関東ブロックからアピール。

 コンサートでは、ソン・ビョンヒさん、イ・ジョンヨルさんが熱唱。

 閉会あいさつが徐勝さん(共同代表)から行われ、キャンドル行動の成果と安倍政権を糾弾した。

 集会終了後、参加者はキャンドルを持って靖国神社に向けてデモに移った。九段下交差点で「戦争のための靖国神社反対!憲法改悪反対!」のシュプレヒコールを響かせた。

 天皇主義右翼は、デモ隊の妨害のために体当たりを繰り返してきた。デモ隊は、挑発に乗らず最後まで整然と行われた。

(Y)