hqdefault6.4関西市民運動弾圧救援会からの訴え


6月4日の大阪府警による関西の市民運動活動家の逮捕に抗議し、釈放を求めるアピールです。

拡散にご協力ください


最後に不当逮捕されている3人からのメッセージも紹介しています。



***

権力の不当弾圧に抗し、

自由と平和を求めるすべての労働者・市民の皆さんに心から訴える

6.4弾圧に圧倒的な抗議の声を!



 6月4日―5日にかけて“道路運送法違反”(いわゆる”白バス”営業)を口実に、大阪府警が主導して一斉に十数か所に強制捜索が行われ、3名が逮捕されるという、近年まれにみる大弾圧が起こりました。

 昨年9月28日に京都府京丹後経ヶ岬で、米軍Xバンドレーダー基地建設に抗議する行動が行われました。この行動に大型バスを準備してその費用を参加者が出し合ったことが「金儲けの営業行為」であると決め付け、法に違反しているというのです。

 このような理由による市民運動団体に対する捜査や逮捕は前代未聞です。市民運動の参加者が自分たちで費用を出し合い、バスを準備して交通手段に使うことは、道路運送法に違反するものではなく、今回のマスコミを動員してのでっち上げによる不当逮捕・家宅捜査は、長年にわたって地道に広範な市民の連帯を作り出してきた運動に対し分断を持ち込もうとするものであり、決して許すことはできません。

 いま、国会では憲法を踏みにじる安保法制が審議されています。集団的自衛権行使を実質化する戦争立法は、何としても日米軍事一体化を進めようとする安倍政権の野望です。この野望は、全国の米軍基地強化に具体化されています。沖縄では辺野古の新基地建設をめぐって、人々の粘り強い基地建設阻止の闘いが大きな煮詰まりを作り出し、全国世論調査でも安倍政権を追い詰めています。経ヶ岬でも住民の立ち上がりが始まっています。そうした状況が今回の弾圧の背景にあります。

 今回の弾圧・捜査の手はまだ収束の様を程していません。そして逮捕・拘束された3人の仲間は、完全黙秘で権力の誘導を拒否して獄中で闘っています。しかし、高齢・病弱の仲間もいる中、現在6名の弁護団を結成し、救援会を立ち上げ、定常的な接見と差し入れを開始しました。
 
 権力の不当弾圧に抗し、自由と平和を求めて止まないすべての労働者・市民に訴えます。今回の不当弾圧に対し、大阪府警に対し徹底的な抗議を行い、圧倒的な怒りの声を結集し、火と燃え上がる熱い心で権力の不当弾圧・市民運動への介入を許さない陣形を作り出そう!たたかう人々は権力の弾圧に決して屈することなく続々と立ち上がり続けることを示していきましょう!

 大阪府警は弾圧をやめろ! 今すぐ、3人を解放しろ! 6.4弾圧を許さないぞ! 

 2015,6,11

  6.4関西市民運動弾圧救援会

                  (携帯) 090-4280-3952

 

■支援のカンパをお願いします。

  これから逮捕された3名の救援活動や、起訴された場合には裁判闘争の費用など、大きな費用が予想されます。カンパのご協力を訴えます。専用の口座の開設を準備していますが、緊急性もあり当面は下記の口座にお願いします。振込みの際には「6.4弾圧カンパ」とお書きください。

    郵便振替口座  名義:関西共同行動  番号:00950-9-78379

***

勾留中の3人の仲間からのメッセージ


[大阪西警察署67号からのメッセージ]

不当な政治弾圧を許さない!屈しない!

完全黙秘でがんばっています。


6月6日午前中の西警察署前抗議行動の声が、私の房にも聞こえてきました。目が熱くなり、激励されました。

6月18日の京丹後現地闘争から7月4日の京都連絡会集会を、ぜひ成功させてください。

戦争法案廃案、辺野古新基地建設阻止へ、獄中・獄外を貫いてがんばりましょう。

6月13日のアジア共同行動・京都の集会の成功を願っています。


[Iさんからのメッセージ(2015年6月8日)]

 私の逮捕を含む今回の弾圧は、米軍Xバンドレーダー基地反対闘争への不当な政治弾圧にほかなりません。

しかも、あらかじめ弾圧の意図があり、そのために後から無理やりこじつけのストーリーを仕立てるという、悪辣極まりないものであり、到底許すことができません。

怒り心頭です。

 しかし、同時にこの不当な弾圧によって、私は、宇川における米軍Xバンドレーダー基地の建設阻止と基地撤去を目指して闘ってきた、この2年間の私たちの取り組みの意義と正当性を改めて確信しました。

 どのような弾圧も、ただそれだけで、闘いを挫いたり、人からその信念や誇りを奪い取ることはできません。

 外では、戦争法案阻止、辺野古新基地建設阻止、原発再稼働阻止、そして、京丹後米軍基地撤去に向けた闘いなど、なすべき闘いが多くありますが、権力の弾圧に対する毅然とした闘いこそが、今の私のなすべきことと見定めて、不当弾圧と断固として闘っていきます。

 6・18京丹後行動を、ぜひ成功させましょう。


[Hさんからのメッセージ]

今回の私達への逮捕は、米軍Xバンドレーダー基地建設反対運動への弾圧であるばかりでなく、わたしたちがとりくんでいる沖縄辺野古新基地反対闘争への弾圧です。

京丹後のXバンドレーダー基地反対運動が沖縄の基地反対運動とつながり、強化されることを彼らは恐れているのです。

 さらには、安倍政権も戦争する国づくり、米軍と一体となった戦争推進体制づくりに内容と実体を作り出すことを恐れ止めようとしているのです。

 こんなあからさまな政治弾圧を許せません。

 みなさまも一体となって、これらの諸々の運動をこれまで以上に進めると共に、反弾圧運動にもとりくんでいただくようお願いします。もちろんわたしたちも最後まで元気で闘います。