譁ー遖丞ウカ2 3月14日、福島市あづま総合体育館で「2015原発のない福島を!3.14県民大集会」(主催:実行委員会)が行なわれ、県内各地、全国から6500人が集まった。田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、浪江町、葛尾村、飯舘村などが後援した。


集会前段のアトラクションとして計画的避難地域に指定されている川俣町山木屋地区の皆さんによる「山木屋太鼓」の演奏、グループ「ハッピーアイランド」
の創作ダンスが行なわれた。


開会あいさつが実行委員会を代表し、角田政志実行委員長(福島県平和フォーラム代表)が行い、「震災と原発事故による複合災害のダメージによって県民は大変な困難な生活を強いられている。12万人が避難生活を余儀なくされている。福島で生き続けることを原点にし、県民が手をたずさえて取り戻していく。そのために国と東京電力に対して原発の廃炉、被害の賠償、被災者の生活再建支援の一層の取り組みを求めていこう」と訴えた。


落合恵子さんの訴え

連帯あいさつが落合恵子さん(作家/「さようなら原発1000万署名市民の会」呼びかけ人)から行なわれた。


「原発はなぜ問題なのか。差別の構造そのままだからだ。沖縄にも言える。キャンプシュワブのゲート前で二人の方が拘束された。次の日には解放されたが、なにをやっているのだ。誰の命令かは、はっきりしている。この国のトップは『汚染水はアンダーコントロールされている』と言った。予想はしていたが、先月、汚染水が流出していることが明らかになった。だからこそもっと素朴な質問をぶつけていきたい。忘れさせていく装置の一つが東京オリンピック招致だった。私は、再度自分に問いかける。誰も犠牲にしない社会、生き方とは何か。一過性で終わることなく問い続けていきたい」。


「福島の方にお願いがある。福島に来るたび、どうにもならない後ろめたさに自分がうちのめされる。理由はひとつ。私は最後は帰るからだ。帰る私と留まる方々、留まらない形を選んで出ていった方々も含めた福島の方々と背負うものが違いすぎる。だから心からお願いすることは一つ。そばにいさせてください。ずーっと一緒に歩かせてください」。

トークリレー

トークリレーが、県内の仲間たちから行なわれた。


武藤類子さん(ハイロアクション福島)は、「原発サイト内では、一日七〇〇〇人の作業員が過酷な被ばく労働をしている。多重な下請け構造の中で賃金搾取や死亡事故も起きている。高濃度の汚染水が海に漏れ出し、海洋汚染が深刻だ。漁業関係者は怒っている。東電と国の隠蔽体質は変わっていない。線量が下がっていないのに帰還政策を進めている。除染廃棄物が生活空間に山積みだ。除染労働も深刻な被ばく労働だ。不安や苦しさを声に出せない雰囲気もある。日本という国家が見えてくる。単に事故前の福島に戻すのではなく、なぜこんなことが起きたのかを検証し、原発をなくす新しい道を考えていかなければならない」と訴えた。


菅野孝志さん(JA新ふくしま農協)は、「一番の不幸なことは、生産者と消費者の分断、家族、県民の分断、都市と農村の分断だ。多くの困難を乗り越え、農作物の安全検査などを徹底して行なっていきたい。TPP問題も含めて豊かな土と自然を守っていきたい」と発言した。


遠藤和則さん(JF相馬双葉漁協)は、「試験操業、二万五〇〇〇を超える検体調査をやりながら再開をめざしてきた。二重三重の安全チェックを行なってきた。三二種の出荷制限が続き、再び汚染水問題が起きた。廃炉のプロセスが見えないなか漁業者は東電に振り回されている。不安は消えない。福島の漁業、未来のためにも原発はいらない」と強調した。


続いて檜澤京太さん(ひめさゆりの宿ゆもとや)、石井凛さん(第一七代高校生平和大使)、本田歩さん(第一七代高校生平和大使)、吉岡棟憲さん(曹洞宗円通寺住職)が東電と国を厳しく糾弾し、原発廃炉をアピールした。


私たちは訴えます!

集会アピールを採択。さらに「私たちは訴えます!」(①福島県では原子力発電は将来にわたり行なわず、福島県を再生可能エネルギーの研究・開発及び自立的な実施拠点とすること ②放射能によって奪われた福島県の安全・安心を回復し、県民の健康、とりわけ子どもたちの健やかな成長を長期にわたって保障すること ③原発事故に伴う被害への賠償、及び被災者の生活再建支援を、国と東京電力の責任において完全に実施すること)を確認した。


最後に呼びかけ人の清水修二(福島大学特任教授)は、安倍政権の原発再稼働路線が強化されていることを許さず、共にスクラムを強めていくことを呼びかけた。



(Y)

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。