ygzlzy
葉國謙・立法議員(左)と梁振英・行政長官

梁振英・行政長官が、普通選挙を導入すれば低所得者層のための政治に偏ってしまう、という問題発言をして香港の人々の怒りを買ったが、同じく親中派の葉國謙・立法議員(職能別選挙区選出)は、民主派議員が反中国のメディア「苹果日報」の会長から巨額の献金を受けていることを批判して「選挙は結局はカネだ」と述べている。両者は同じ穴のムジナであるという區龍宇氏の論考を紹介する。香港紙「明報」日曜版(2014年10月26日)に掲載された。(H)
 
原文 

 
 
梁振英と葉國謙
相反する主張で補充しあう


區龍宇
 
「明報」2014年10月26日 日曜版
 
 
われわれは、貧乏人には普通選挙権を与えるべきではないという趣旨の発言をした梁振英・行政長官には感謝しないといけない。彼の発言は白書以上に明白にその意図を吐露しており、香港はこれまでも貧乏人を無視した政治を行ってきたことを語る反面教師の役割を果たしたからだ。
 
 
◆アリストテレスと梁振英は同類か?
 
民主主義は貧困層に偏った政治を行うという考えは、なにも梁が言い始めたことではない。2000年以上前に、かのアリストテレスが「政治学」の中で述べていることでもある。彼はその著書の第三巻第八章のなかで、民主主義が多数者の権力掌握に等しいと考えるのは間違いである、と述べている。「寡頭政治と民主主義政治体制の主要な違いは、人数の多い少ないにあるのではない。両者の原則上の違いは、その貧富の区別にあるのだ。いかなる政治体制でも、その支配者の人数如何にかかわらず、もしその富に依拠する体制であれば、それは寡頭(財閥)政治体制となるのである。おなじくもし貧者を主体とするのであれば、それは民主主義政治体制なのである。」
 
これが、西側のブルジョアジーが王権・貴族と権力争いを演じているときに、民主主義という言葉を忌み嫌った理由でもある。貧者の権力である民主主義に、ブルジョアジーがどうして賛成することができたであろうか。だからブルジョアジーは貧者の圧力に抵抗するために、王権を根本的に排除しようとはしなかったし、選挙権においても最初から一定の資産を条件とすることで、普通選挙に反対してきたのだ。
 
民主主義という用語は、19世紀には民主主義者だけが使っていた言葉で、周囲からは普通選挙権の要求は過激思想だと考えられた。だが資本主義による工業化が一般化するまでは、これらの民主主義者の大衆的基礎は、プチブルと自立的な職人たちだったので、ブルジョアジーと貴族に譲歩を迫るほどの力はなかった。ヨーロッパで産業労働者が政治的舞台に登場して、普通選挙権運動を引きついだことによって(たとえば英国1838年のチャーチスト運動)、この状況に変化が生まれた。
 
 
◆真の普通選挙にも限界がある
 
しかし普通選挙権運動が後の世に成功したが、それは貧者の権力、つまり梁振英の警告するような事態を招いたであろうか? 普通選挙がおこなわれ、国家行政の長を選ぶ選挙での選挙権、被選挙権が与えられている世界中の国家において、貧者が権力を握った国家がいったいどれだけあっただろうか? 権力を握るといわないまでも、貧者のための政治が実現されたケースはほとんどなかった。だから、梁振英の主張は実は間違いなのだ。だが、それは事実において間違いということであり、結論についていえば、梁が真の普通選挙に反対したことは、全く正確無比である。つまり中国・香港の権力エリート財閥にとって、真の普通選挙に反対することは正確無比なのである。事実と結論は分けて考えなければなら
ない。
 
梁振英は間違っていたが、アリストテレスは間違ってはいなかった。古代ギリシャとブルジョア代議制には大きな違いがあるからだ。前者の人民議会では、政治と経済の権力が結合されており、艦隊の建造や公共工事、あるいは貧者が政治に参加するための手当の支給などで国家が資金が必要な時には、富裕者に対して資金の提供を要求することができた。こうして政治権力を掌握した者は、経済的権力も相当ていど掌握することができたのである。エリート主義者のアリストテレスにとっては、民主主義はもちろん貧者の権力掌握と同じに見えたことから、当然それには反対した。
 
ブルジョア代議制は、普通選挙改革を経たものであり、それは古代ギリシャの民主主義とは別物といえる。封建主義を打倒した資本主義においては、ブルジョアジーは自らの財産権を「神聖不可侵」なものに変えることに成功し、経済を政治領域の外側に置いた。政治的に代議制が存在するか否かに関わらず、普通選挙権があるか否かにかかわらず、政府の政策は以前よりも小さな範疇に限定されてしまった。その後、大財閥が経済権力を通じて政治に影響力を行使しだすのである。いわゆる金権政治だ。だから労働党が政権を取っても、労働者人民を真に代表することができないのである。
 
民主主義が貧者の政治になるという主張は、古代ギリシャのアリストテレスにおいては正しかったが、21世紀の梁振英においては間違っているのだ。なぜなら資本主義において、真の普通選挙が貧者の権力をもたらすことはあり得ないし、貧者の立場にたった政治を実現することさえもありえないだろう。
 
 
◆親中派は始皇帝の思考回路
 
おもしろいのは、梁振英と同じ穴のムジナである葉國謙[親中派の政党、民建聯の立法議員]が、今年の8月4日に書いた文章で、民主派議員が黎智英[民主化支援のメディア経営者]から献金を受けていたと指摘し、「民主主義とは金権ゲームである」ことの証明だと主張したことだ。つまり選挙は結局のところカネに左右される、カネの多い者が勝利するという。では誰がいちばんカネを持っているのだろうか。言うまでもなく財閥だ。つまり、梁振英とは逆のことを主張している。梁振英は真の普通選挙は貧者の権力をもたらすと主張し、葉國謙は選挙が財閥の権力をもたらすと主張しているのだ。
 
しかし両者は相反する主張で補充し合っている。事実について大まかに言うならば、梁の主張は完全に間違っているが、葉の主張は大体において正しい。しかし事実と結論とは分けて考えなければならない。葉の主張の趣旨は事実の表現に限定されているわけではなく、次のような結論へ導くことを狙ったものである。「貧乏人が普通選挙などに関心をもっても意味がない。結局それで得をするのは君たちではなく財閥なんだから。」
 
しかしこの結論は問題である。普通選挙権が財閥の特権をはく奪するものでないにしても、それが労働者民衆に何かしらの利益をもたらさないとは限らないからである。北京のメディア、いわゆるマルクス主義者、そして葉國謙などは、次のような公式を並べたてたがる。
 
代議制=西側民主主義=金権政治=ブルジョア独裁=労働者人民にとっての利益なし=絶対的否定。
 
問題は、この等式の一つ一つの推論がすべて間違っている、ということにある。これは典型的な秦の始皇帝の思考方法と同じである。自分は絶対に肯定し、他人は絶対に否定し、その中間はあり得ないという考えである。しかし現代思想においては、いくつもの中間状態が存在することを認めなければならない。労働者民衆が政治的権利を享受することは、権力を掌握することではないにしろ、いくらかは財閥の専制をけん制することは可能である。
 
もし労働者民衆が政党を結成することが可能となり、労働運動の発展が可能ならば、議会、政党政治、社会運動を通じて、自立した政治参加の能力を鍛えあげて、長期の展望に立った労働解放の事業を達成することができるだろう。そもそもこれが社会民主主義の立場であった。普通選挙権には積極的な意味があるし、それは勝ち取るべきものである。もちろん普通選挙権だけでは不十分であり、それはより良いものにしていく論理が必要だが、完全に否定すべきものではない。ましてや赤裸々な財閥独裁を支持するなどもってのほかである。
 
葉國謙の立論は、実際のところ梁振英の主張と同じである。違いがあるとすれば、訴えかける対象が違う、ということだろう。葉は労働者民衆を欺くために発言し、梁は(NT紙のインタビューを通じて)海外資本に警告するために発言しているのだ。「おやおや、注意なさい。真の普通選挙を支持する側なんかに立ってはいけませんよ。真の普通選挙はみなさんに不利なんですから」と。
 
2014年10月25日