28 6月28日、「6.28 NO NUKES DAY 川内原発を再稼働させるな! さようなら原発★首都大行進」が明治公園で首都圏反原発連合/さようなら原発一〇〇〇万人アクション/原発をなくす全国連絡会の主催、脱原発世界会議/経産省前テントひろば/再稼働阻止全国ネットワークの協力で行われ、5500人が参加した。

 


司会は木内みどりさん(俳優)。

呼びかけ団体あいさつが鎌田慧さん(さようなら原発一〇〇〇万人アクション)から行われ、「福島の皆さんが苦しんでいる今、絶対に集団的自衛権を認めない、再稼働をさせないという思いで集会とデモを行っていこう。大飯原発差止判決を出した裁判官は、経済よりも命だと明確に言っている。これは私たちが主張してきたことを裁判所が認めたということだ。私たちの運動によって勇気づけられて歴史的な判断をした。しかし、公明党はそういう勇気がない。ただ権力にしがみついてるだけだ。こういうことは許せない。未来を考える市民の力で運動を盛り上げていこう」と発言した。

 

続いて伊東達也さん(原発をなくす全国連絡会)、ミサオ・レッドウルフさん(首都圏反原発連合)があいさつした。


呼びかけ人のスピーチ。 内橋克人さん(評論家)は、「来週、集団的自衛権について閣議決定する。戦争にルールはないし、先制攻撃でやられるから抑止力が必要だとなる。さらに核も保有すべきだとなるだろう。集団的自衛権の行使は、そのための第一歩だ。安倍政権は、国民の命・安全を何度も言うが嘘だ。原発を止めることは核武装を止めることだ。皆さんとともに闘っていきたい」と訴えた。

 

中山千夏さん(作家)は、「ひどい世の中になればなるほど労働組合が大切だ。組合運動がやられてきたから世の中がおかしくなっている。組合頑張れ、残業代ゼロなんてだめだ。臨時雇いなんてとんでもない。これまで女性解放、死刑制度廃止、原発反対を訴えてきた。これからも怒っていきたい。元気にやっていこう」と発言した。

 

「大飯原発の裁判から」について海渡雄一弁護士、小野有五さん(脱原原告団全国連絡会共同代表)が活動報告した。

 

「川内原発現地報告」を野呂正和さん(川内原発増設反対鹿児島県共闘会議事務局長)は、「6月13日に鹿児島県庁前で集会を行った。事前に県会議員に再稼働にあたって避難計画などの対策が十分に行われているのかなど公開質問状を送った。自民党、公明党は『わからない』をくり返してきた。実際にまともな対策をたてていない。ずさんな対策のまま再稼働を許してはならない」と強く抗議した。

 

「福島からの報告」を人見やよいさん(原発いらない福島の女たち)は、「福島は、復興の名のもとに風評被害、福島差別という言葉にすりかえられている。90人の子どもたちの甲状腺に悪性、疑いのガンが発症しても、放射能の影響は少ないとされている。こうして実際に起きている被害を認めず、被曝を強いることこそ福島差別だ。健康被害は、これから確実に起こってくる問題だ。認めるべきは認めて、被害と保養に重点をおいてください」。

 

「安倍政権に変わって原発再稼働になってしまった。しかし、大飯原発判決は、私たちに勇気を与えた。判決を読み返し、何度も涙を流した。この判決を理解できない人は、人の上に立ってはいけない。『金目でしょ』という大臣の発言は、安倍政権の本音だ。安倍政権は退陣だ。世直しをしていこう」と呼びかけた。

 

集会後、原宿に向けてデモを行い、沿道の人々に「川内原発再稼働反対!脱原発!安倍政権退陣!」を訴えた。(Y)

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。