THAILAND_POLITICS_17608031タイの軍事クーデターに関する、アジアの社会主義勢力の共同声明です。

呼びかけの中心はオーストラリアの社会主義連盟(DSP<民主社会主義党>)の人たちです。




…………………

明:アジア・太平洋の社会主義者、進歩的活動家はタイの新たなクーデターに反対の声を上げる



われわれ、ここに署名した組織は、プラユット・チャンオチャ(陸軍司令官)指揮下の軍部による今回の軍事クーデターに強く反対する。

二〇〇六年のクーデター以来、八年ぶりに行われた今回のクーデターは、タイにおける民主主義と社会的公正を高めるものであるどころか、独裁的支配の力と、現にあるあらゆる民主主義的諸機関を粉砕する企てを強化するだけだろう。すでに軍はメディアとインターネットの厳重な取り締まりを開始し、クーデターに反対する人びとを逮捕している。

このクーデターは、自らの権力を打ち固めるために民主主義的空間の削減を望む支配階級の一部の利害を守るために準備された。タイの軍事評議会は、政治危機を解決するための自由で公正な選挙を行うことに、何の利益も持っておらず、軍部が支配への脅威と見なす表現の自由を守るつもりはない。

タイ軍部は、民主主義的運動への無慈悲な弾圧、たとえば二〇一〇年の「赤シャツ」の民主主義のための抗議に対する流血の虐殺で、悪名をとどろかせてきた。

われわれは要求する。

●タイの戒厳令をただちに撤廃せよ。

●タイの民衆が次の政府を民主主義的に選択するために、選挙プロセスの復活を。

●タイの政治的異論派への取り締まりをやめ、すべての政治囚を釈放せよ。

●タイのクーデターを終わらせるために,ASEANの政府は一致して非難し、圧力をかけろ。

●軍事評議会を認めない意思表示として、せべての政府はタイから大使を引き揚げよ。




二〇一四年五月二三日



マレーシア社会党(PSM)

左翼転換(タイ)

PLM(フィリピン)

社会主義連盟(オーストラリア)

変革のための社会行動(カンボジア)

アワミ労働者党(パキスタン)

人権のためのタイ人連合(オーストラリア)

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。