IMG_05583.27ついに再審開始決定―無罪かちとるぞ


袴田巌さんを生きて取り戻した!


えん罪デッチ上げの責任追及を



【静岡】3月27日、9時30分頃、静岡地裁前に約200人の支援が集まり、10時の袴田事件再審決定を待った。その間、小集会を開き、全国からかけつけた多くの市民団体の決意が語られた。9時50分、西嶋弁護団長、袴田さんの姉・ひで子さんを先頭に、裁判所に入った。


そして10時過ぎ「再審開始」の布が掲げられた。いっせいに「やった!」、「勝ちとった!」の声があがった。涙を流す人、肩を抱き合う人そして西嶋弁護団長が「袴田さんの熱い思いがやっとかなえられた」と述べ、ひで子さんも「うれしい、それだけです」と語り、長い闘いを一つになって支えた思いを抱え、東京拘置所に向かった。決定はきわめて明確なものだった。


3・30 再審開始決定報告集会

3月30日、静岡市で「再審開始決定報告集会」が行われた。激しい風雨のなか、200人が参加した。西嶋弁護団長が決定内容の骨格を紹介した。弁護団の5人の弁護士がそれぞれ担当した分野について、経過を含めて報告した。


そして、集会には島田事件の赤堀さん、足利事件の菅家さんが出席した。午後1時半から4時半までのかなり長い集会となった。集会の終わりには「声明」に名を連ねた各団体のアピールがあり、集会アピール(別紙)を確認した。また、検察に対して即時抗告を行わないように、あらゆる方法で訴え、要請の声を届けることが訴えられた。そして袴田さん支援カンパが呼びかけられた。

(S)

無題3.30集会アピール

袴田巌さんの無実を晴らす闘いは、3月27日の静岡地裁による再審開始決定によりやっと動き始めることとなりました。そして、デッチ上げ逮捕以来、無実の罪を着せられた袴田さんを生きて故郷に迎えようとの切実な願いが、身柄の解放により現実となりました。


今回の再審開始決定は、DNA鑑定等に基づき、確定判決が犯人性に関する最有力な証拠とした衣類について袴田さんのものでなく、後日ねつ造されたものであった可能性を示しました。


また、捜査機関によってねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ、極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきたとして、これ以上の拘置を続けることは耐えがたいほど正義に反する状況にあるとして、死刑及び拘置の執行を停止しました。


獄中の袴田さんは無実の訴えを途切れることなく続けて来ましたが、誰をも信じることができなくなり、自らを守るため外界との接触を絶ち切ることでしか、生き延びることができませんでした。


袴田さんは、解放された今も再び拘置所に引き戻されるのではないかとの不安、そして、未だ死刑執行の恐怖から完全に解放されたわけではありません。

 

私たちは司法権力への責任追及、誤判原因の究明、そして、捜査機関によるデッチ上げ、えん罪の構図を厳正かつ徹底的に明らかにしなければなりません。


今回の再審開始決定で、捜査機関によってねつ造された証拠によって獲得されたという重大な疑義が指摘され、裁判所によって厳しく指弾されたことについて、検察官は厳粛に受け止めなければなりません。


したがって検察官は、再審開始決定に対して即時抗告を行わす、これ以上袴田さんの人生を脅かし、死刑の恐怖を抱かせないよう改めて強く求めます。


袴田さんは無実だ!


2014年3月30曰

 

::::::::



3月27日、待ちに待った袴田巌さんが解放されました。
今までのご支援、ありがとうございました。


しかしながら、今後、再審公判で無罪になり、刑事補償を受けるときまでは、
まだ相当の時間を要することは確実です。48年間の拘禁のため,巌さんの健康状態は,完全ではありません。その間、巌さんの生活を支えなければなりません。


そこで、私たちは、袴田救済ファンドという基金を作り、広く募金をお願いし、今後の費用を賄っていきたいと考えています。ご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

袴田事件弁護団団長 西嶋勝彦

下記の口座に一口1000円以上で,余裕のある方は一〇口程度をめどに振り込んでいただけると幸いです。今後、銀行にも、口座を開設する予定です。

ゆうちょ銀行  二三八支店
普通 3833391
名義人 岡島順治

郵便局から振り込む場合は手数料の関係でこちらが便利です。番号が似ていますが違いますのでお気を付けください。

記号 12350
番号 38333911
名義人 岡島順治

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。