P5039762

12時45分より、恵比寿公園で始まった集会では山谷争議団、渋谷のじれんの仲間が司会に立ち、今メーデーは1、野宿者への排除・追い出し、差別襲撃を許さない!。2、生活保護切り下げ、社会保障削減をやめろ!。3、東日本大震災被災者、被曝労働者連帯!。という3点を基調に行われるという事を確認して集会は始まった。

 続いて実行委員会を代表して府中人権派遣村の仲間より、「メーデー宣言」が読み上げられ、全体の拍手で確認された。

 そして実行委員会参加団体の発言、まずは市部の仲間から、三多摩野宿者ネットワークの立川サンキューハウスの仲間は安倍政権による改憲、原発、社会保障・生活保護切り捨てなどの攻撃との対決を訴えた。さらに府中人権派遣村、夜回り三鷹、三多摩自由労組の仲間が発言した。

 次に23区東部圏の発言。江東区による排除と闘っている竪川河川敷公園の仲間、荒川河川敷で国土交通省の追い出しと闘う仲間、アルミ缶・古紙組合、山谷争議団の仲間が発言。

 続いて東部圏から渋谷・のじれん。

 さらに竪川での被弾圧者の園さん、被曝労働を考えるネットワーク、ストップ!生活保護切り下げアクションが発言。

 被曝労働を考えるネットワークの仲間は除染労働者が過酷な労働に従事しながら、重層的下請け構造の中でピンハネされ、低賃金で働いている実態を報告し、被曝労働者との連帯を訴えた。

 集会の後、約160人の参加者は、恵比寿から渋谷一周のデモへ。宮下公園での総括集会ではAPFS労働組合、差別排外主義を許さない連絡会、反五輪の会、争議団連絡会議、自由と生存のメーデー実行委員会の発言を受けて、この日の行動を終えた。     (板)