28闘争(三里塚空港に反対する連絡会による報告)

 11月28日、千葉地裁八日市場支部は、成田空港会社が三里塚闘争と一坪共有地運動への敵対の一環として横堀団結小屋破壊を設定した意図を忠実に代弁して強制撤去を強行した。われわれは、千葉地裁の成田空港会社と一体となった暴挙を糾弾する。

 千葉地裁と空港会社よ!11.28破壊は、三里塚闘争史上における新たな犯罪行為として書き加えられる。われわれは、絶対に許さないし、ただちに反撃の闘いに踏み出していく。三里塚芝山連合空港反対同盟(代表:柳川秀夫)、大地共有委員会(Ⅱ)〔代表:加瀬勉〕、三里塚空港に反対する連絡会は、団結小屋破壊抗議闘争を体を張って果敢に闘いぬいたが、この闘うスクラムは三里塚闘争の実力闘争の地平を引き継ぎ、新たな闘う水路を切り開いていく決意を打ち固めた。

 三里塚反対同盟、大地共有委員会(Ⅱ)は、新たな闘う拠点として成田空港の完成化を阻む横堀大鉄塔隣りの案山子亭に移設することを決定した。山崎宏さん(労闘―労活評)が事務局として案山子亭に住み、活動を展開していく。また、三里塚空港に反対する連絡会の連絡先も案山子亭になった。

 用地内拠点の横堀大鉄塔と案山子亭、木の根ペンション、一坪共有地を守り抜き、全国の脱原発運動をはじめ民衆の闘いと結びつきながら空港会社の野望を打ち砕いていく陣形をさらに構築する。横堀団結小屋破壊裁判、一坪共有地裁判は、いずれも上告審の闘いに入っている。勝利判決をかちとるために奮闘中だ。11・28破壊を糾弾し、支援・連帯を強化していこう。



ドキュメント緊急行動



 11・28横堀団結小屋破壊を許さない緊急行動に参加する仲間たちは、27日、闘争前夜に横堀研修センターに結集した。

 加瀬さんは、「団結小屋破壊の強制執行は、三里農民の財産権、居住権を破壊する国家犯罪だ。強引にやらなければならないほど空港会社は追い詰められているのであり、あせりの現われだ。用地内拠点と一坪共有地は人民の闘う土地であり、社会変革を押し進めていく『武器』だ。明日の闘いは、三里塚闘争を全国に訴え、政府・空港会社に打撃を与える闘いになる。『完成』できない成田空港の全貌を暴きだし、反対し続ける農民、民衆の正義の闘いだ。頑張っていこう」と檄を飛ばした。

 28日、午前六時、横堀団結小屋前に集まった仲間たち30人は、「横堀団結小屋破壊許さない!」の横断幕を掲げ、「団結小屋破壊工事をやめろ!強制執行をはねかえすぞ!われわれは最後の最後まで闘うぞ」のシュプレヒコールを横堀地区一帯に響かせた。すでに千葉県警の公安政治警察と機動隊、ガードマンが大量に配備されているが、毅然として闘争態勢を組んでいった。

 柳川さん、加瀬さん、山崎さんは、団結小屋内で待機する。外の仲間たちは、ガッチリとスクラムを組んでいった。

 小山広明さん(大阪府泉南市会議員/反空港全国連絡会)は、「政府は『いかなる状況においても強制収用はしない』と言ってきた。国交省と反空連との交渉(一一・九)でも態度は変わっていないと言っていた。だが空港会社は、裏から地権者を動かし千葉地裁が強制執行を行おうとしている。こんなペテンを許してはならない。三里塚の原点と人権を守り抜くために大阪から駆けつけた。最後までガンバロー」とアピール。

 午前七時過ぎ執行官と執行補助員がガードマンに守られながら小屋前に到着し、栗原執行官が柳川さん、山崎さんに立ち退きを通告する。ガードマンが仲間たちに対して暴力排除で襲いかかってきた。だが仲間たちの反撃によってけちらしていった。形勢不利と判断した敵は「打ち合わせ」どおりに機動隊に「援助要請」し、一人一人の腕を持ち、引き抜いていった。さらに執行官、ガードマン、機動隊は、団結小屋敷地内に進入し、柳川さん、山崎さん、加瀬さんを排除した。

 その後、重機によって立木伐採、団結小屋破壊を強行した。作業員の中には、ヘルメットを被らず、安全靴も履いていない者もいる。急遽集められたアルバイト作業員たちだ。地裁が労働災害防止のための労働安全衛生法違反を黙認するほどだ。重機が動いている中、危険な作業を強いる悪徳業者を使わなければならないずさんな強制執行作業なのだ。

 不当排除後、ただちに抗議集会を開始する。

 柳川さんは、「執行官に対して山崎さんの同意なしに個人の財産である植えた樹木や水道ポンプを伐採、破壊するなと抗議したが、すべて拒否してきた。道祖神でさえも神主にお払いさせてどこかに持っていこうとしている。結果的には見てのとおりだが、こういう問題は今後も続く。皆さんとともに頑張っていきたい」と決意表明した。

 山崎さんは、「空港会社が団結小屋破壊を強行したのは、やはり一坪共有地運動の拠点として機能してきたからだ。共有地強奪裁判提訴と同時に団結小屋破壊裁判も提訴したことに現れている。今日の闘いは、断固とした空港反対闘争が健在であることを示した。全国の三里塚に心を寄せる仲間、反原発を闘う仲間たちとともに国策である成田空港建設に反対していこう」とアピールした。

 最後に抗議のシュプレヒコールを行い、工事監視行動に移っていった。解体業者は正午過ぎ、2台の重機を使って建物の破壊にとりかかり、日没過ぎまで解体、伐採作業を行った。翌29日は敷地内の樹木を全て切り払い、午後8時までには完全に更地にしてしまった。



【新連絡先】

●三里塚芝山連合空港反対同盟、大地共有委員会(Ⅱ)千葉県山武郡芝山町香山新田90-5/電話:FAX0479―78―8101



●三里塚空港に反対する連絡会―同



●2013年反対同盟旗開き/主催:三里塚芝山連合空港反対同盟(世話人:柳川秀夫)/日時:1月13日(日)、正午/場所:横堀農業研修センター(0479-78-0100)/参加費:1000円

■会場への行き方:京成東成田駅地上 11時00分集合 迎えの車待機/09:13発  京成上野・特急 →10:20着 京成成田 →乗り換え 10:32発 京成本線(普通) [芝山千代田行
き]→10:37着  東成田



●1・13東峰現地行動/主催:三里塚空港に反対する連絡会/日時:1月13日(日)、午後2時/場所:旧東峰共同出荷場跡 打ち合わせ後、開拓道路コースのデモ/反対同盟旗開き終了後、東峰出荷場跡地に移動