chitro

中国の陳独秀研究者の唐宝林氏が1994年に台湾で出版した『中国トロツキスト史』の全訳が出版された。日本での書名は『中国トロツキスト全史』。

この本については94年の出版直後から、当事者である王凡西や鄭超麟ら中国の老トロツキストたちからの批判的見解が表明され、日本でも『トロツキー研究』誌上でもそれらの批判的見解が翻訳紹介されていた。

日本でも当初この本の出版を検討していたという事情もあったことから、著者の唐氏も老トロツキストらの批判に反論し、もし問題があるなら(1)本文の箇所はそのままにして、老トロツキストの批判的書評と唐氏の反論を合わせて掲載する、(2)本文の基調は変えずに、指摘された問題箇所を修正するか、関連資料を資料として掲載する、ということで、日本での出版を進められないか、という提案がされた経緯がある。結局、出版の話はお流れになってしまったようだった。

それから10年以上が経過して日本語での出版というニュースを聞き、「いまさら?」とややおどろいたが、もしかして上記の(1)か(2)のような加工を加えた上で、出版あとがきか訳者あとがきで説明がされているかな、と期待してさっそく購入したのだが、残念ながらそのような形跡はみうけられなかった。

 + + + + +

訳者あとがきでは、本書への批判として「トロツキズムへの理解をほとんど欠落されている」という見解の一言のみを紹介しているだけで、中国老トロツキストの批判的書評は参考文献にさえ紹介されていない。

以下に王凡西と鄭超麟の批判的書評、および唐宝林氏による反論などが掲載された『トロツキー研究』を紹介する。

・王凡西:書評『中国トロツキスト史』
・鄭超麟:書評『中国トロツキスト史』
 長堀祐造 訳 『トロツキー研究』17号(1995年秋号)掲載

・グレゴール・ベントン:王凡西へのインタビュー
 長堀祐造 訳 『トロツキー研究』19号(1996年春号)掲載

・唐宝林:歴史の真相は隠蔽しえない!
 緒方康 訳 『トロツキー研究』20・21号(1996年夏・秋号)掲載

・王凡西:『中国トロツキスト史』の著者に答える
 長堀祐造 訳 『トロツキー研究』20・21号(1997年夏号)掲載

 + + + + +

王凡西は最初の書評で批判点として、(1)永続革命に対する認識(2)トロツキーとスターリンの中国革命論争について(3)統一戦線について(4)中国トロツキストの基本路線について(5)抗日戦争、国共内戦について(6)陳独秀のトロツキスト化は誤りか(7)トロツキストの漢奸問題(8)トロツキストと魯迅について等を挙げ、最初の永続革命に対する唐宝林氏の認識の誤り(永続革命を永続革命戦争に結びつけたうえでトロツキーが英国支配下のインドや革命情勢ドイツに赤軍を派遣するという荒唐無稽な主張)について論を展開している。

鄭超麟による書評では、陳独秀は日本スパイであったという中共の公式見解の誤りを訂正することに尽力した唐宝林の功績に対して「正義感に我々はひどく感動したものだった」と評価したうえで、「本書を読むと・・・唐宝林は相変わらず『トロツキスト漢奸』なるデマに恋々としているのだ」と批判している。また唐氏が引用している資料が、トロツキストから転向した人物が中共の監視下でおこなった証言等をもとにしていることを批判している。

その一方で鄭超麟は、本書では従来の中共史観による典型的な偽造(国民党の特務、帝国主義のスパイ等)という汚名がきれいさっぱりそそがれていることを指摘し、第五章の付録として「『トロツキー派は漢奸』でっち上げ事件」というタイトルで紹介されている兪秀松事件、張慕陶事件、王公度事件、陳独秀「スパイ」事件、湖西事件、王実味事件を「王明、康生が発動した反トロツキスト運動によって入念にでっちあげられたデマがここでは完全に露見している」と評価している。

中国トロツキズムに関する優れた論考を発表している英国リーズ大学のグレゴール・ベントンによる王凡西のインタビューでは、上記の書評では触れられなかった以下の点について、踏み込んだ批判を展開している。(1)永続革命論(2)統一戦線と共同行動(3)陳独秀の「誤り」(4)ダブルスタンダード(5)「祖国敗北主義」と「漢奸」(6)国民会議(7)洋奴(8)1925~1927年の中国大革命がトロツキー路線に従っていたら展開はどうなっていたか(9)「寛大さ」と「忘恩」

これらの批判に対して唐宝林氏は1995年7月に「これは、私が基本的に信頼するに足ると信じていた自著を完璧に否定した発言です」として15項目にわたる反論を公開書簡として発表している。鄭超麟などから指摘されたいくつかの事実誤認について認める一方、「私が受けた教育や影響によって形成された世界観(政治観、革命観、是非観、価値観など)からして、あなた方の要求を満足させることは極めて困難、いや、まず不可能です。」(『トロツキー研究』20・21号224頁)としてほぼ全面的な論争を展開している。

この唐宝林の公開書簡に対して、王凡西は鄭超麟の主張を全面的に擁護しつつ、不当に非難された他の老トロツキスト同志の名誉のために病身をおして誠実かつ厳しい反論を展開しています。その内容は現物を読んでもらいたいが、王凡西は最後に以下のように唐宝林に対して忠告している。

「『良書』をかくべくして『悪書』にしてしまったこの本を、あなたが真の『良書』に書きかえられるように」するには「トロツキズムに改宗する必要もありません。・・・ただ、以下のようにしさえすればいいのです。それは、トロツキストの理論と主張を正確に理解し、ありのままに述べる、資料の真偽を十分慎重に鑑定する、さまざまな事件の虚実を細心の注意を払って判断する、ということです。同時に、『清算』的態度でトロツキストの『罪状』を『歴史的に総括』したり、『やっつける』目的でトロツキストの人物を評価してはなりません。」(『トロツキー研究』23号173頁)

他にも日本語には訳出されてはいないが、老トロツキストの謝山(1922年1月21日~1996年3月16日) や香港先駆社の向青同志による書評がある。

謝山:『中国トロツキスト史』はどのような書籍なのか
向青:かつて相識しごとく燕は帰り来る~『中国トロツキスト史』を評す

 + + + + +

出版されてから20年近くにもなる本書を翻訳紹介しようとした理由を訳者あとがきでは次のように述べている。

「(トロツキズムへの理解をほとんど欠落されている)酷評さえある本書をあえて訳出したのは・・・・・・当事者の個別の回想録はあるものの、中国トロツキー派運動全体を見渡せる書物がないからである。」

「トロツキズムへの理解をほとんど欠落されている」という一言が「酷評」かどうかはさておき、「中国トロツキー派運動全体を見渡せる書物がない」というのは間違いであると指摘しておいたほうがいいだろう。というのも、2005年2月には香港の同志たちの出版社から老トロツキストの劉平梅(1920.3.30-2007.12.9)による『中国トロツキスト党史』が出版されているからだ。

劉平梅:『中国トロツキスト党史』

この他にも90年代終わりから2000年代にかけて、陳独秀研究だけでなく、その他の老トロツキスト本人による回想録や家族、知人らによる評伝なども次々と出版されている。唐宝林氏がそのきっかけや環境をつくった功労者の一人であることはいうまでもない。

 + + + + +

さて、以下にはりつけた本書の目次を見ただけで「いつの時代の反トロ本だよ」と思ってしまうほどの言葉遣いが並んでいるのだが、あえて長々と本書を紹介したのは、この本の出版をきっかけにして中国の老トロツキストらの批判的書評を紹介し、歴史と未来に対するかれらの誠実さとそれを支える良心的な研究者らの活躍を、一人でも多くの人に知ってもらいたいと思ったからに他ならない。

4000円近くもする分厚い本だし、あまりお勧めはできないかなぁという思いもあるが、いまは亡き鄭超麟は書評の中でこう述べている。

「唐宝林の本書に見られる誤った態度と議論は、批判しなければならないが、それでも私は唐宝林を友人とみなしており、『陳独秀研究動態』編集に際しての陳独秀に対する彼の好意と我々トロツキストに対する好意に感謝したいと思う。・・・もちろん今でも私は本書の販路拡大を望まないが、本書には著者の反トロツキーという真意に背いてトロツキストの精神を明らかにする部分があるので、人に一読を勧めることを必ずしも悪くはないと思っている。」(鄭超麟、『トロツキー研究』17号161頁)

本書に対してはさまざまな批判はあるが、一次資料の豊富さ、公式中共史の限界を突破する著述など、評価できる個所も多い。『中国トロツキスト全史』を読まれた、あるいはこれから読もうとしている一人でも多くの人が、『トロツキー研究』に掲載された中国老トロツキストたちの批判的意見もあわせて読まれることを願っている。

 + + + + +

最後に、やや長くなるが本書の第六章の「花が散るのはどうしようもない」というトロツキストの衰退を嘲笑したかのようなタイトルに対して鄭超麟が書評で語った次の一文を引用してこの論評を閉じることとしたい。(早野)


 最後に第六章の章題(花が散るのはどうしようもない)について少し言っておこう。
 晏殊の「浣渓沙」という詞の名句「いかんすべくもなく花は落り去き」(花が散るのはどうしようもない)を、最近では敗者を嘲笑するために引用するものがいるが、この句から嘲笑のニュアンスを何ら読み取ることはできない。毎年、百花咲き誇る季節が訪れ、またその花が散る季節となる。これは自然の法則であって「いかんすべくもない」のである。
 この名句から私は同じ詞の中のもう一つの名句を連想した。「かつて相識しごとく燕は帰り来る」(昔なじみのように燕が帰ってくる、の意)である。いつの日か必ずや、1910年代のあの十月革命を準備した情勢と20年代の中国の「大革命」を準備した情勢を目の当たりにすることができると私は確信している。現れ方はそれぞれだが、民衆革命の特徴的情勢は容易に見分けがつく。我々はこうした情勢の復活を期待している。――― 鄭超麟 『トロツキー研究』17号157頁


 

『中国トロツキスト全史』
 唐宝林 著/鈴木博 訳
 論創社 3800円+税


目次


主編者序
自序


第一章 風雨の中で孕んだ奇形児
 第一節 中国トロツキー派の揺籃
 第二節 トロツキーとスターリンの論戦
 第三節 赤の広場における反スターリン・デモ
 第四節 「中国ボルシェビキ-レーニン主義反対派」
 第五節 蒋経国と留ソ-トロツキー派の命運
 第六節 モスクワの秘密組織


第二章 陳独秀、道を踏みはずす
 第一節 「中国革命は中国人が指導すべきである」
 第二節 陳独秀なき「陳独秀派」
 第三節 陳独秀、トロツキズムを受け容れる
 第四節 トロツキー派、陳独秀を排斥
 第五節 中共、トロツキー-陳独秀派を除名


第三章 四分五裂から嫌々ながらの統一へ
 第一節 空威張りの「無産者社」
 第二節 混戦のなかで誕生した「十月社」
 第三節 中共、トロツキー派粛清運動を展開
 第四節 トロツキー、原則の堅持を指示
 第五節 トロツキー、陳独秀を熱烈に歓迎
 第六節 陳独秀の快刀、乱麻を断つ
 第七節 「中国共産党左派反対派」


第四章 挟撃のなかの転倒とあがき
 第一節 中共に社会性質論戦を挑む
 第二節 国民党による最初の壊滅的打撃
 第三節 陳独秀、抗日・反蒋を推進
 第四節 ブルジョアジーとの「共同行動」
 第五節 「ブルジョア国家は愛さない」
 第六節 陳独秀-トロツキー派中央、全員逮捕される
 第七節 陳独秀路線を推進する「臨時委員会」
 第八節 「福建事変」に参与
 第九節 「中国共産主義同盟」
 第十節 トロツキー派中央、陳独秀を「除名」


第五章 抗戦中のでたらめ
 第一節 盛り返すトロツキー派運動
 第二節 トロツキー、倒蒋・反共を指示
 第三節 「トロツキー派は漢奸」の由来
 第四節 陳独秀、国共の合作抗日を支持
 第五節 トロツキー派臨時委員会、陳独秀の裏切りを批判
 第六節 トロツキー、陳独秀の出国を要請
 第七節 陳独秀と臨時委員会との決裂
 第八節 抗戦に対して「敗北主義」を実行
 第九節 「多数派」と「少数派」に分裂
 付 録 「トロツキー派は漢奸」でっち上げ事件
      兪秀松事件/張慕陶事件/王公度事件/
      陳独秀「スパイ」事件/湖西事件/王実味事件


第六章 花が散るのはどうしようもない
 第一節 中共が国民党に勝つのを望まず
 第二節 「中共に敗北主義を実行」
 第三節 蒋経国、トロツキー派を庇護
 第四節 「中国革命共産党」と「国際主義工人党」の創立
 第五節 悩ましい問題
 第六節 最後の残照
 第七節 香港とパリにおける余波


訳者あとがき