DSCF0600 12月4日、三里塚空港に反対する連絡会は、東峰共同出荷場で三里塚・東峰現地行動が取り組み、60人が参加した。

 空港会社は、新自由主義的航空政策の忠実な担い手として離着陸回数30万回増とLCC(格安航空会社)の参入、拠点化に向けた機能拡張工事を次々と強行している。平行(B)滑走路の「く」の字型に曲がった天神峰地区の誘導路を直線化するために、機動隊を大量動員して天神峰現闘本部(北原派)を破壊した(8・6)。横堀地区では横堀大鉄塔・案山子亭に向かう道路にあった横堀十字路を閉鎖し、5メートル以上もある鉄板フェンスを張り巡らした。地下トンネルも二倍以上に延長し、闘う拠点を暴力的に孤立させようとしている。

 発着回数は、2011年度中 に25万回、12年度中に27万回、14年度中に30万回の増枠計画だ。また、空港処理能力拡大のためにA・B滑走路の同時平行離着方式の導入を強行した(10・20)。これまで航空機離陸後の接触事故を回避するために離陸時間差、一五度以上の開きを確保する安全ルールさえも取っ払ってしまった。国交省は、「新たな監視担当管制官を常時一人置くから安全だ」などと安全軽視に満ちた発言を行っている。

 こんな発着枠増加は、過密ダイヤの拡大による管制業務疲労、ニアミス・接触、滑走路離発着事故の多発化であり、CO2排出量減少運航の否定だ。東峰地区などの飛行コース直下に轟音を叩きつけ、生活・環境破壊、追い出し攻撃の強化でしかない。つまり、政府・成田空港会社による「国策」として空港建設を暴力とカネのバラマキによって押し進めてきた路線は全く変わっていないのだ。千葉地裁による一坪共有地と横堀・団結小屋破壊裁判での相次ぐ不当判決でもその姿勢がストレートに現われている。

 このような政府・空港会社に対して連絡会は、「成田空港30万回発着を中止せよ! 航空機騒音拡大・環境破壊を許さない! 東峰住民の追い出しをやめろ! 一坪共有地・団結小屋裁判の控訴審闘争勝利! すべての原発を停止せよ! TPPに反対する!」を掲げ東峰行動を取り組んだ。
 
「30万回発着をやめろ! 東峰住民の追い出しを許さないぞ!」
 
 集会は、湯村一美さん(東水労青年女性部)の司会あいさつで始まり、次々と発言が続いた。

 石井紀子さん(東峰地区)は、「東峰団結小屋は、裁判の結果、和解で上物はなくなったが、土地は残った。苗木を植えて東峰の憩いの場にする。騒音防壁に囲まわれて殺風景な東峰だが、その中でも季節ごとに花が咲くようになる。私は、この地があるかぎり、魂はここにある。私の故郷です。都会育ちの皆さんも、ここを故郷だと思って気軽に訪れてください」と述べた。

 渡邉充春さん(関西・三里塚闘争に連帯する会、東峰団結小屋維持会)は、「一月に加瀬勉さんを招き一坪共有地を守り抜くための意思一致をした。関西新空港と伊丹空港を統合した新会社が設立された。LCCを導入して黒字化させ、膨大な赤字を消すと言っているが、未知数だ。厳しく監視していく。反空港全国連絡会でも国交省交渉などの取組みを追求しいきたい」。

 さらに「東峰団結小屋があった土地は、18分の17が空港会社、18分の1が石井常司さんの共有地所有だった。裁判の過程で千葉地裁が①小屋の撤去②石井さんの共有地を認める③石井さんが土地を管理するという和解案を提示してきた。小屋の住人の同意を得て、和解に合意した。跡地は公園になる。闘いを継続するために一つの選択をした」と報告した。

 山崎宏さん(横堀地区・労活評現闘)は、「9月に現闘本部共有地裁判、柳川秀夫さん持分裁判、横堀共有地(鉄塔前のくぼ地)裁判の不当判決、10月に横堀・団結小屋裁判の不当判決が出た。いずれも空港会社の土地強奪の主張を認める反動判決だった。国・会社の立場にたった司法の姿勢が明らかとなった。控訴審でも闘っていく。11月21日、横田基地に向かう米軍のチャーター機が燃料補給を口実に成田空港に着陸した。空港の軍事利用の一環として実行したのだろう。米軍再編による空港利用の再構築を許してはならない」と呼びかけた。

 集会を中断して、B滑走路全体を見渡すことができる開拓道路に向けてデモに移った。滑走路に向けて「30万回発着をやめろ! 東峰住民の追い出しを許さないぞ!」とシュプレヒコールを行った。

 デモは東峰出荷場に到着し、集会を再開。

 大森武徳さん(続・木の根物語プロジェクト)は「7月17日木の根プールが20年ぶりで復活した。その後も多くの仲間たちに利用され、福島の南相馬市の中学生たちも参加した。来年は、防水処置も含めて絵画を描こうと計画している。人々の思いを伝えていきたい。ペンション利用など参加してください」と呼びかけた。

 さらに横堀団結小屋維持会、成田プロジェクト、安保終了を通告する会、東水労青年女性部からアピール。

 最後に2012年1月15日に反対同盟旗開きが開催されることが紹介され、「団結頑張ろう」を行い再会することを確認した。(Y)
 
●2012年反対同盟旗開き

主催:三里塚芝山連合空港反対同盟(世話人:柳川秀夫)

日時:2012年1月15日(日)、正午

場所:横堀農業研修センター(0479―78―0100)

参加費:1000円

・午後2時~横堀大鉄塔へ



●京成東成田駅:地上11時00分集合 迎えの車

09:28発 京成上野 →10:35着 成田→10:46発 京成成田 →乗り換え 京成本線(普通)


[芝山千代田行き]→10:52着 東成田